@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

幸清流【こうせいりゅう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

幸清流
こうせいりゅう
能の小鼓方流儀名。幸流分家から出たもので正しくは幸清次郎流という。現宗家は 15世幸義太郎 (1936~ ) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

こうせい‐りゅう〔カウセイリウ〕【幸清流】
能の小鼓(こつづみ)方流派の一。幸(こう)流2世五郎次郎正の次男久次郎友能と、その子清次郎了能がたてた。清次郎流。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こうせいりゅう【幸清流】
能楽小鼓方の流儀の一つで,幸清次郎流の略称能楽協会には10名余の役者が登録され,東京,名古屋を中心に活躍している。現宗家は14世幸円次郎。幸流2世幸五郎次郎正能の嫡男久次郎友能が分家してできた家で,幸流とはを同じくする。したがって調緒(しらべお)のかけ方や音楽構造など,基本的には幸流に大変近い。ただ,幸流よりは装飾的なの手組(リズム・パターン)が多く,掛声も変化に富んでいる。江戸時代は,主として宝生流,金剛流の座付であった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

こうせいりゅう【幸清流】
幸清次郎流の略
能楽の小鼓こつづみ方の流派。幸流から出たもので、流祖は幸久次郎友能ともよし?~1612)。次世から清次郎を名乗る。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こうせい‐りゅう カウセイリウ【幸清流】
〘名〙 能楽囃子方(はやしかた)小鼓の一流派で幸流からの分派。幸氏第三代小左衛門一宗の弟、幸久次郎友能(ともよし)の子、幸大夫清次郎了能がたてたもの。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

幸清流」の用語解説はコトバンクが提供しています。

幸清流の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation