@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

幸田延【コウダノブ】

デジタル大辞泉

こうだ‐のぶ〔カウだ‐〕【幸田延】
[1870~1946]音楽教育家・ピアノ奏者。東京の生まれ。露伴ウィーン留学明治・大正期の音楽界の中心的人物。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

幸田延 こうだ-のぶ
1870-1946 明治-昭和時代前期のピアニスト,音楽教育家。
明治3年3月19日生まれ。幸田露伴の妹。安藤幸(こう)の。音楽取調所(のち東京音楽学校)の第1回卒業生。明治22年から欧米に留学。28年東京音楽学校(現東京芸大)教授となり,おおくの門下生をそだてる。44年審声会を創設,家庭音楽の普及につとめた。昭和12年芸術院会員。昭和21年6月14日死去。77歳。東京出身。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

こうだのぶ【幸田延】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

こうだ‐のぶ【幸田延】
ピアニスト、音楽教育家。露伴の妹、安藤幸の姉。音楽取調所全科を卒業し、アメリカ、オーストリアに留学。帰国後、東京音楽学校教授として後進の育成に尽くす。芸術院会員。明治三~昭和二一年(一八七〇‐一九四六

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

幸田延」の用語解説はコトバンクが提供しています。

幸田延の関連情報

関連キーワード

マキノ雅広フランス史(年表)フランス共和政イタリア映画キング・クリムゾン新藤兼人新日本文学生活保護戦争放棄トルンカ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation