@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

幸野楳嶺【こうの ばいれい】

美術人名辞典

幸野楳嶺
幕末・明治四条派画家京都生。安田、名は直豊、字は思順、別号に鶯夢・長安堂。初め中島来章、のち塩川文麟山水画を学ぶ。京都府画学校教師となり、また私塾を開いて後進の指導に尽力。さらに京都青年絵画会・京都私立絵画研究会を組織、新日本画発展に尽力する。帝室技芸員。明治28年(1895)歿、52才。

出典:(株)思文閣

デジタル大辞泉

こうの‐ばいれい〔カウの‐〕【幸野楳嶺】
[1844~1895]日本画家。京都の生まれ。初号梅嶺円山派・四条派に学び、明治の京都画壇の中心的存在となった。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

幸野楳嶺 こうの-ばいれい
1844-1895 明治時代の日本画家。
天保(てんぽう)15年3月3日生まれ。中島来章(らいしょう),塩川文麟(ぶんりん)らにまなび,花鳥画を得意とした。明治13年京都府画学校の設立に参加。竹内栖鳳(せいほう),川合玉堂(ぎょくどう),上村松園(しょうえん)らをそだてる。明治28年2月2日死去。52歳。京都出身。本姓は安田。名は直豊。代表作に「帝釈試三獣図」,著作に「百鳥画譜」など。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

こうのばいれい【幸野楳嶺】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

幸野楳嶺
こうのばいれい
[生]天保15(1844).3.3. 京都
[没]1895.2.2. 京都
日本画家。本姓は安田,幼名は角三郎のち直豊,字は思順,号は楳嶺,鶴鹿園など。中島来章に円山四条派を,のち塩川文麟に山水画を学んだ。明治維新の頃は貧しかったが,神山鳳陽に漢籍を,中西耕石,前田暢堂に南画を学んで一家をなした。また私塾を開き,門下には竹内栖鳳,菊池芳文,川合玉堂,上村松園らがいる。 1890年第3回内国勧業博覧会審査員,93年帝室技芸員。主要作品『百福図』 (1874) ,『田家図』 (93,東京国立博物館) ,『帝釈試三獣図』。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

幸野楳嶺
こうのばいれい
(1844―1895)

日本画家。京都に生まれる。本姓は安田。本名は直豊。字(あざな)は思順。号は楳嶺。別号に鶯夢、長安堂、鶴鹿園などがある。9歳で円山(まるやま)派の中島来章(らいしょう)の門に入り、梅嶺と号した。その後さらに四条派の塩川文麟(ぶんりん)につき、号を楳嶺と改めた。明治維新のころは極貧であったが、漢籍を神山鳳陽に学び、また文人と交わり、中西耕石、前田暢堂に南画を学んで一家をなし、とくに花鳥画を得意とした。1880年(明治13)に望月玉泉(ぎょくせん)らと京都府立画学校を設立し、出仕した。また京都青年絵画研究会、京都美術協会を組織するなど、日本画の発展と後進の指導に尽力した。その門より京都画壇を代表する竹内栖鳳(せいほう)、菊池芳文(ほうぶん)、川合玉堂、都路華香(つじかこう)、上村松園(うえむらしょうえん)らの画家が多数輩出した。93年に帝室技芸員となった。

[玉蟲玲子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こうの‐ばいれい【幸野楳嶺】
幕末・明治の日本画家。名は直豊。京都に生まれる。円山派の中島来章、四条派の塩川文麟に師事。京都府画学校の教師となり、また京都青年絵画研究会を設立して後進を指導する。帝室技芸員。作品に「帝釈試三獣図」「田家秋景図」など。天保一五~明治二八年(一八四四‐九五

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

幸野楳嶺」の用語解説はコトバンクが提供しています。

幸野楳嶺の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation