@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

幽明【ユウメイ】

デジタル大辞泉

ゆう‐めい〔イウ‐〕【幽明】
暗いことと明るいこと。
死後の世界と、現在の世界。冥土(めいど)と現世幽界顕界

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ゆう‐めい イウ‥【幽明】
〘名〙
① 暗いことと明るいこと。よいこととわるいこと。天地の理と人間、日と月、昼と夜、賢者と愚者などの対に用いられる。
※翁問答(1650)上「さとりたる眼には内外・幽明(ユウメイ)・有無の差別なし」 〔易経‐繋辞上〕
② 幽界と顕界。冥土と現世。
※性霊集‐七(835頃)和命婦於法華寺奉入千燈料田願文「普照法界、朗五眼於自他、広被幽明、証六通乎物我」 〔礼記‐祭義〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

幽明」の用語解説はコトバンクが提供しています。

幽明の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation