@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

幾何級数的【きかきゅうすうてき】

大辞林 第三版

きかきゅうすうてき【幾何級数的】
形動
前に数倍する勢いで増大・変化し続けるさま。等比級数的。 -に増大する軍事費

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きかきゅうすう‐てき キカキフスウ‥【幾何級数的】
〘形動〙 ある事物、事象が、常に前の場合の何倍かをかけた数に増える、すなわち幾何級数(等比級数)のように増える傾向にあるさま。
※露西亜評論‐大正八年(1919)七月号・油断のならぬ現象〈今井政吉〉「一人から二人、二人から四人、四人から八人といふ風に幾何級数的に伝播する」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

幾何級数的」の用語解説はコトバンクが提供しています。

幾何級数的の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation