@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

広域変成作用【コウイキヘンセイサヨウ】

デジタル大辞泉

こういき‐へんせいさよう〔クワウヰキ‐〕【広域変成作用】
造山運動に伴い、地下深所にもたらされた岩石が、高温高圧のもとで再結晶し、片状(へんじょう)構造をもつ変成岩に変わること。熱動力変成作用

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩石学辞典

広域変成作用
地殻の広い範囲に影響を与える変成作用で,局所変成作用火成岩貫入の周辺部に限定されることと区別される[Daubree : 1860].広域変成作用のある地域の岩石は,低度の変成作用から高度の変成作用のものに累進的に変化することが多い[Harker : 1932, Turner & Verhoogen : 1960].造山運動や埋没作用によって特定の火成岩を熱源とせずに広い地域にわたって岩石が変成される作用で,局所変成作用(local metamorphism)に対する語.一般変成作用(general metamorphism)[Delesse : 1857],標準変成作用(normal metamorphism)[Beaumont : 1841].

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こういきへんせいさよう【広域変成作用】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

こういき‐へんせいさよう クヮウヰキ‥【広域変成作用】
〘名〙 褶曲(しゅうきょく)山脈を形成する造山運動に伴い、広い地域にわたる岩石が地下深く押しこめられ、温度や圧力の作用によって新しい鉱物が生成されること。温度と圧力の比によって高圧低温型、低圧高温型などに分けられる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

広域変成作用
こういきへんせいさよう
広域変成帯」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

広域変成作用
こういきへんせいさよう

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

広域変成作用」の用語解説はコトバンクが提供しています。

広域変成作用の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation