@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

広島藩【ひろしまはん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

広島藩
ひろしまはん
安芸 (あき) ,芸州 (げいしゅう) 藩ともいう。江戸時代安芸国 (広島県) 広島地方を領有した藩。関ヶ原戦い後 120万 5000石の毛利輝元長門 (山口県) 移封,代って福島正則尾張 (愛知県) 清洲から 49万 8000石で入したのに始る。福島正則は元和5 (1619) 年石垣修理のことから除封 (同年信濃川中島4万 5000石に再封) され,代って浅野長晟 (ながあきら) が紀伊和歌山から 42万 6500石で入封。次の光晟 (みつあきら) の代に寛永9 (32) 年に備後国 (広島県) に支藩三次 (みよし) 藩5万石を創設。享保4 (1719) 年の吉長の代に三次藩は廃して三次町奉行をおいた。同 15年には廩粟 (りんぞく。もみ米) 3万石を長賢 (ながかた) に分与して広島新田藩を創設,明治維新にあっては討幕派の中心勢力の一つとして活躍し,廃藩置県にいたった。浅野氏外様,江戸城大広間詰。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

広島藩
安芸国、広島(:△広島県広島市▽)を本拠地とした藩。関ヶ原の戦いで敗北した毛利輝元が移封された後、福島正則が安芸・備後2ヶ国の49万石余を得て入封。広島城の改修をめぐって正則が改易された後は紀伊国から入封した浅野氏が藩主となる。長州征伐の際は幕府軍の前線基地となった。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藩名・旧国名がわかる事典

ひろしまはん【広島藩】
江戸時代安芸(あき)国安芸郡広島(現、広島県広島市)に藩庁をおいた外様(とざま)藩。藩校は講学館、のち修道館。1600年(慶長(けいちょう)5)、関ヶ原の戦いに敗北した毛利氏周防(すおう)国長門(ながと)国の2国に減封(げんぽう)されて去ったあと、福島正則(ふくしままさのり)尾張(おわり)国清洲(きよす)から入封(にゅうほう)して立藩。正則は安芸国、備後(びんご)国の2国49万石を領し、翌年に検地を行い、城下町の建設や貢租制度の整備を進めたが、洪水で崩壊した広島城の石垣を無断改修したとの理由で19年に改易(かいえき)となった。代わって、浅野長晟(ながあきら)が紀伊(きい)国紀伊藩から42万6000石余(安芸1国と備後半国)で入封した。32年に支藩として三次(みよし)藩が成立(のちに廃藩)。浅野氏は瀬戸内海航路の要衝として、木材・鉄・紙などの専売を敷くなど藩財政の強化をはかり、その支配は12代続いて明治維新に至った。長州征伐では幕府軍の最前線基地となり、1867年(慶応(けいおう)3)には薩摩藩長州藩と三藩同盟を結んで倒幕に踏み切ったが、一方では土佐藩に続いて幕府に大政奉還の建白を行うなど日和見(ひよりみ)藩として不信を招き、明治維新の主流からは排除された。1871年(明治4)の廃藩置県により広島県となった。◇安芸藩、芸州(げいしゅう)藩ともいう。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ひろしまはん【広島藩】
安芸国(広島県)広島に居城した外様大藩。毛利輝元が1589年(天正17)太田川河口デルタの地を広島と命名して築城着手,翌々年吉田郡山城からここに移り,中国地方9ヵ国にまたがる大領国を支配する拠点と定めたのがその起りである。関ヶ原の戦後,毛利氏が周防,長門2国に削封されて去ったあと,広島城に入ったのは安芸,備後両国を領した福島正則である。福島氏は1601年(慶長6)検地を行い,さらに新開造成も加わり,毛利時代には両国で40万石余であったのが52万石余に増加し,17年(元和3)将軍徳川秀忠の朱印状では49万8000余石とある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

広島藩
ひろしまはん
安芸(あき)・備後(びんご)両国を領有した外様(とざま)藩。安芸藩、芸州(げいしゅう)藩ともいう。1600年(慶長5)関ヶ原の戦いに敗北した毛利輝元(もうりてるもと)が防長2国に移封されたあと、尾張(おわり)国(愛知県)清洲(きよす)から福島正則(まさのり)が芸備49万石余に入封。正則は広島城のほか、三原(みはら)、三吉(三次)(みよし)、小方(おがた)、鞆(とも)、神辺(かんなべ)、東城(とうじょう)に支城を設け、芸備22郡の各郡に代官衆を配したが、1615年(元和1)の一国一城令により、三原城を除き取り壊された。1601年領内総検地を行い、約9万石を打ち出したほか、町在分離、貢租体系、交通制度の整備など幕藩制支配の基礎を成立させた。1619年正則の改易により紀伊国和歌山から浅野長晟(ながあきら)が、安芸一国、備後8郡42万石余に入封。以来、光晟(みつあきら)、綱晟(つなあきら)、綱長(つななが)、吉長(よしなが)、宗恒(むねつね)、重晟(しげあきら)、斉賢(なりかた)、斉粛(なりたか)、慶熾(よしてる)、長訓(ながみち)、長勲(ながこと)と12代続いて明治維新に至った。
 1632年(寛永9)藩主光晟のとき、庶兄長治(ながはる)に5万石を与えて三吉(三次)藩を分知。寛永(かんえい)・正保(しょうほう)の地詰(じづめ)や大規模な新田開発により1664年(寛文4)の幕府報告では打出高・新田高が5万石を上回った。1720年(享保5)三次藩の継嗣(けいし)断絶により領知5万石は本藩に還付。3万石の青山内証(ないしょう)分家がつくられる。5代吉長は室鳩巣(むろきゅうそう)に当代随一と評され、1712年(正徳2)の郡制改革をはじめ強力な藩政改革を行うが、1718年(享保3)には全藩一揆(いっき)の抵抗を受ける。瀬戸内海に面した沿海部では、塩、木綿、畳表、牡蠣(かき)、海苔(のり)、海産物、中国山地に接した内陸部では、鉄、紙、麻苧(あさお)、林産加工の特産物が発展し、藩は早くから材木、鉄、紙などに藩専売制を敷き、のち畳表、木綿、灯油、扱苧(こぎそ)などにも及ぼした。宗教は真宗が盛んで、領内寺院の半数近くを占め、安芸門徒の結束が固く、慧雲(えうん)、大瀛(だいえい)、僧叡(そうえい)ら優れた学僧が出た。竹原の頼(らい)家三兄弟や香川南浜(なんぴん)をはじめとして民間出身の学者が輩出し、藩校にも登用された。藩校学問所では、古学、朱子(しゅし)学、闇斎(あんさい)学など各学派が東学・西学に分かれていたが、幕府の寛政(かんせい)異学の禁に先んずること5年、1785年(天明5)に朱子学を軸とする藩学統一が行われた。1864年(元治1)に始まる長州戦争には、幕軍の前線基地が広島城下に置かれて騒然となり、佐伯(さえき)郡西部は戦禍を被って大きな犠牲が出た。1867年(慶応3)広島藩は薩摩(さつま)・長州と三藩同盟を結び、討幕に踏み切りながら、大政奉還の建白を行うなど、藩論が統一せず日和見(ひよりみ)藩として信用を失い、維新の主流から外されていった。1871年(明治4)廃藩、広島県となる。[土井作治]
『『広島県史 近世1・2』(1981、84・広島県) ▽『新修広島市史』全7巻(1957~62・広島市) ▽『芸藩史』全27巻(1980・文献出版)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

広島藩」の用語解説はコトバンクが提供しています。

広島藩の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation