@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

広戸風【ヒロトカゼ】

デジタル大辞泉

ひろと‐かぜ【広戸風】
岡山県東部、那岐山南麓に吹く局地風。夏から秋にかけて発生することが多い北寄りの風で、西日本を台風が通過する際に、風速50メートルに達する強風になることがある。那岐おろし。
[補説]やまじ風清川だしと合わせ、日本三大局地風に数えられる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とっさの日本語便利帳

広戸風
岡山県勝田郡那岐(なぎ)山麓地方で主として秋、四国沖を台風や発達した低気圧が通る時に吹く北寄りの暴風農作物などに風害をもたらす広戸風、やまじ風、清川だしを日本の三大悪風と呼ぶ。

出典:(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」

世界大百科事典 第2版

ひろとかぜ【広戸風】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

広戸風
ひろとかぜ

岡山県那岐山(なぎさん)南麓(なんろく)で吹く局地的な強風。典型的な広戸風は、台風が四国から大阪湾に向かう際、ときに瞬間風速が毎秒50メートルにも達する強風として吹く。8月から10月にかけて発生する数は年間の77%に達する。那岐おろし、横仙風(よこぜかぜ)、まつぼり風、ほところ風、北風、山下風(やましたかぜ)ともよぶ。

[根本順吉・青木 孝]

『吉野正敏著『風の世界』(1989・東京大学出版会)』『佐橋謙著『岡山のお天気』(1991・山陽新聞社)』『島田守家著『やさしい気象教室』(1994・東海大学出版会)』『市川健夫著『風の文化誌』(1999・雄山閣出版)』『真木太一著『風と自然――気象学・農業気象・環境改善』(1999・開発社)』『荒川正一著『局地風のいろいろ』(2001・成山堂出版)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ひろと‐かぜ【広戸風】
〘名〙 岡山県北東部、勝田郡那岐山の南麓に吹く北よりの局地的な強風。八~一〇月に多く、風速は毎秒二〇~三〇メートルに達する。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

広戸風」の用語解説はコトバンクが提供しています。

広戸風の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation