@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

広敷【ヒロシキ】

デジタル大辞泉

ひろ‐しき【広敷】
江戸時代、町家で台所の上り口の板敷の間。また、大名邸内の奥向きの所。
江戸城中、本丸西の丸大奥にあった大奥役人の詰め所。大奥の事務を扱う。
広間。
「宿の―に出でて」〈浮・諸艶大鑑・三〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こう‐ふ クヮウ‥【広敷】
〘名〙 ひろく敷くこと。ひろめること。
※平和克復の詔書‐大正九年(1920)一月一〇日「文明の風化を広敷し、益々祖宗の洪業を光恢せむことを庶幾(こひねが)ふ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひろ‐しき【広敷】
〘名〙
① 広い座敷。広い部屋。広間。
※仮名草子・水鳥記(1667)一四「そこふかもよかりけん、心得たりといふままに、ひろ敷までおどり出」
② 江戸時代、大名屋敷の奥向き、または台所や、台所に続く部屋。また、町家でも台所やそれに続く二、三畳の間をさしていった。おひろしき。
※俳諧・西鶴大矢数(1681)第三二「万灯の責て光はならず共 暮に及ばは広敷を掃け」
③ 江戸城本丸と西の丸の大奥の側に設けられていた大奥勤務の役人の詰所。広敷用人以下の役人が詰め、大奥のすべての事務をつかさどった。おひろしき。〔明良帯録(1814)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひろ‐し・く【広敷】
〘他カ四〙 柱などが揺るがないようにいかめしく建てる。神殿などを広く造る。壮麗に造る。ひろしる。ふとしく。
※延喜式(927)祝詞「此の所の底つ石(いは)ねに宮柱広敷(ひろしき)立て、高天の原に千木高知りて」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

広敷」の用語解説はコトバンクが提供しています。

広敷の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation