@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

広日本文典【コウニホンブンテン】

デジタル大辞泉

こうにほんぶんてん〔クワウニホンブンテン〕【広日本文典】
文法書。1冊。大槻文彦著。明治30年(1897)刊。文字編・語編・文章編からなり、近代の国語文法の基礎となった。「言海」の巻頭の「語法指南」を改訂増補して単行本にしたもの。ほか別記がある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こうにほんぶんてん【広日本文典】
大槻文彦著の日本文法書。1897年(明治30)刊。著者は1889年国語辞書《言海》を著して〈語法指南〉を付載したが,それは本書原稿からの摘要であった。全国普通の文章語規範として,主として中古(桓武から後三条天皇までの9~11世紀)の用例にもとづいて法則をたてたもので,本書では文字編,単語編に文章編を加えて説いた。毎条にくわしい注が添えられているだけでなく,別冊として《広日本文典別記》があって,さらに細かに毎節の注釈敷延,参考,考証弁解持論,駁(ばく)論などを集録している。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

こうにほんぶんてん【広日本文典】
文法書。大槻文彦著。1897年(明治30)刊。「言海」の巻頭にある「語法指南」を改訂増補し単行本として刊行したもの。主に古語を対象とし、近世の文法研究の成果と西洋文法の方法を勘案・折衷したもので、近代文法研究のさきがけとされる。本文の例証と解説をした「別記」一冊がある。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こうにほんぶんてん クヮウニホンブンテン【広日本文典】
文法書。一冊。大槻文彦著。明治三〇年(一八九七)刊。仮名、漢字に関する文字編、八品詞を論じた単語編、主語・述語・修飾語などを説いた文章編の三編から成る。「言海」の巻頭に付した「語法指南」を単行させたもの。例証、解説の「別記」一冊がある。近代の教科文法の基礎となった。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

広日本文典」の用語解説はコトバンクが提供しています。

広日本文典の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation