@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

広瀬川【ひろせがわ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

広瀬川
ひろせがわ
宮城県中部,名取川の最大の支流全長 45km。奥羽山脈面白山 (1264m) に発し,中流部の愛子 (あやし) 盆地で船形山から南流する大倉を合す。数段の高い河岸段丘をもつ愛子,郷六の小盆地を経て,仙台市を流れ,名取川に注ぐ。仙台の中心市街地は,左岸段丘上に広がり,右岸の段丘と丘陵上に青葉城があって,川は城の外堀の役を果してきた。上流部には作並温泉がある。広瀬川の支流大倉川中流に大倉ダム,上流に定義温泉があり,船形連峰県立自然公園に属する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ひろせ‐がわ〔‐がは〕【広瀬川】
宮城県中西部を流れる川。山形県との県境関山峠斜面にを発し、東流して仙台市で名取川合流する。長さ45キロ。200種類以上の野鳥が観察され、上流には作並温泉がある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

広瀬川
宮城県仙台市を流れる一級河川。名取川の支流。1985年、環境庁により名水百選のひとつに選定

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ひろせがわ【広瀬川】
宮城県中部を東流する名取川最大の支流。流路延長44km。奥羽山脈の関山峠(594m)に発し,愛子(あやし),郷六の小盆地を連ね,仙台市街地の西縁を流れて,市の南東部で名取川に合流する。上流部に作並温泉,支流大倉川上流部に定義(じようぎ)温泉(単純泉,36~38℃)がある。各盆地では20~30mを切り込んで流れ,河岸段丘が発達する。愛子盆地から下流は安山岩地域を切って流れ,両岸地すべり地形が発達する。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

広瀬川
ひろせがわ

宮城県中部を流れる名取川(なとりがわ)最大の支流。山形県境の関山峠(せきやまとうげ)に源を発し、東流して愛子(あやし)盆地、仙台市街を経て仙台市若林区日辺(にっぺ)付近で名取川と合流する。延長約40キロメートル。愛子盆地と仙台市街には河岸段丘がみられる。川に並行して国道48号、JR仙山(せんざん)線が通じる。1189年(文治5)の奥州征伐の際の合戦場であり、1351年(正平6・観応2)には南朝方と北朝方が川を挟んで戦った。近世には仙台青葉城の天然の外堀として利用され、また郷六(ごうろく)(仙台市)で取り入れた水が四谷堰(よつやぜき)として城下を流れていた。1886年(明治19)に完成した三居沢発電所(さんきょざわはつでんしょ)は広瀬川の水を利用した東北地方で最初の水路式発電所である。上流部には作並(さくなみ)温泉、支流の大倉川に大倉ダム、定義(じょうげ)温泉がある。

[後藤雄二]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典・日本の観光資源

広瀬川
(宮城県仙台市青葉区・若林区太白区)
21世紀に残したい日本の自然100選指定の観光名所。

出典:日外アソシエーツ「事典・日本の観光資源」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

広瀬川
(宮城県仙台市青葉区・若林区・太白区)
名水百選」指定の観光名所。

出典:日外アソシエーツ「事典・日本の観光資源」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ひろせ‐がわ ‥がは【広瀬川】
[一] 宮城県中部を流れる名取川の支流。奥羽山脈の関山峠の付近に発し、河岸段丘に仙台市を発達させて名取川に合流。上流部に作並温泉などがある。全長約四〇キロメートル。
[二] 群馬県中南部を流れる利根川の分流。勢多郡北橘村で利根川から分かれ、前橋市を流れて、伊勢崎市で再び利根川に合流。中世以前の利根川上流の流路の一つと考えられ、古くは比刀禰(ひとね)川と呼ばれた。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

広瀬川」の用語解説はコトバンクが提供しています。

広瀬川の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation