@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

店頭【テントウ】

デジタル大辞泉

てん‐とう【店頭】
店舗で、陳列棚やレジスターなどがあり、客に応対するところ。また、店の入り口やその付近。みせさき。「店頭販売価格」「新刊を店頭に並べる」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

みせさき【店頭】[書名]
森荘已池(もりそういち)の処女小説、および同作を表題作とする作品集。昭和15年(1940)刊行。表題作のほか「氷柱(つらら)」「近郊盗人伝」などを収録

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

てんとう【店頭】
店さき。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

たな‐がしら【店頭】
〘名〙
① 長屋の店子(たなこ)の長。
※滑稽本・大千世界楽屋探(1817)中「おめさんは精霊長屋の店頭(タナガシラ)、位牌堂の板頭丈あって」
② 江戸の私娼街に居付き、そこで起こる喧嘩・人殺し・火付け・盗難・遊女の変死などを、遊女屋の家主から金を引き出して与力や同心にわいろを使い、事を内々に済ますことを業とした者。
※洒落本・売花新駅(1777)駅路風景「あれは彦右衛門、彌四郎とて、ここの店がしらだ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

てん‐とう【店頭】
〘名〙 店の前。みせさき。
※黄葉夕陽邨舎詩‐後編(1823)一・大猪川歌「店頭沽酒犒僕夫、始覚風光入撚鬚
※花柳春話(1878‐79)〈織田純一郎訳〉五六「店頭に立て客に接遇せり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

店頭」の用語解説はコトバンクが提供しています。

店頭の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation