@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

度羅楽【とらがく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

度羅楽
とらがく
日本の古代音楽の一つ。度羅国より伝来した音楽。史上における初見である「天平3 (731) 年雅楽寮の雑楽生として度羅楽 62人」という記事から,おそらく8世紀初頭に日本に渡来し,国家の音楽として雅楽寮で伝承教習されたものと思われるが,大同4 (809) 年には,急速にすたれた。度羅楽は歌と器楽から成り,音楽の内容や楽器編成などについては未詳であるが,曲名および舞の人数については,『婆理舞』 (6人舞。そのうち2人は楯を持って舞い,4人は桙を持って立つ) ,『久太舞』 (20人舞) ,『邪禁女舞』 (5人舞。そのうち3人が舞人で,2人は花取) ,『韓与楚奪女舞』 (20人の女舞。そのうち5人は甲を着け刀を帯びる) の4曲が知られている。このなかの『婆理舞』から,度羅国をインドネシアのバリ島地方とするのほか,朝鮮の済州島の古称である耽羅 (たんら) 説,西域地方にあった吐火羅 (とから) 説などがあるが明らかでない。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

どら‐がく【度羅楽/吐羅楽】
奈良時代の外来歌舞。唐楽・三韓(さんかん)楽とともに盛行。奈良末期には衰退。度羅は済州島とも、タイ国西部ともいう。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

とらがく【度羅楽】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

どら‐がく【度羅楽】
〘名〙 度羅から朝貢された歌舞。奈良時代には、唐楽・三韓(さんかん)楽とともに盛行した。度羅の楽。度羅。
※続日本紀‐天平三年(731)七月乙亥「定雅楽寮雑楽生員。大唐楽三十九人、〈略〉度羅楽六十二人」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

度羅楽」の用語解説はコトバンクが提供しています。

度羅楽の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation