@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

座元【ざもと】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

座元
ざもと
江戸時代の劇場の所有者で,櫓主 (やぐらぬし) ともいい,上方では座本と書く。江戸では明暦3 (1657) 年以後,中村,山村村山森田の4座,正徳4 (1714) 年からは,中村,村山 (市村) ,森田の3座に限って,所有権と興行権を与えられた。世襲制であったので,その座元たる代々中村勘三郎市村羽左衛門森田勘弥は非常な権勢をもち,常にだんなと敬われた。なお興行不振の際には控櫓制度があり,河原崎座の河原崎権之,都座の都伝内,桐座の桐長桐も座元の名で呼ばれる。明治には興行制度がくずれたので,座元は単に劇場所有者の名になった。京阪における座本は劇団代表者で,初期には重要な位置の俳優がこれにあたったが,のち子役や女方の名が据えられて,有名無実となった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ざ‐もと【座元/座本】
江戸時代の劇場興行で、江戸では興行権の所有者、京坂ではその名義を借りて興行する興行責任者。櫓主(やぐらぬし)。太夫元(たゆうもと)。→名代(なだい)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

座元
ざもと
江戸時代の歌舞伎(かぶき)の興行権をもつ者の称で、太夫元(たゆうもと)、櫓主(やぐらぬし)ともいった。江戸では、1624年(寛永1)に猿若勘三郎が許可を得て、中橋で興行を始めたのが座元の始まりである。1657年(明暦3)以後座元の数を4人に制限したが、1714年(正徳4)に至って山村座の山村長太夫が脱落し、中村座の中村勘三郎、市村座の市村羽左衛門(うざえもん)、森田座の森田勘弥(かんや)の3座元に限って永久興行の権利と世襲の制度を定めた。座元は金主から資金の提供を受けて俳優の座組みをつくり、興行を行った。近代に入り、1872年(明治5)の府令によって、東京に10座の興行が許可され、座元の門閥世襲の制度は崩れた。さらに、1900年(明治33)の改正で、座主以外の者にも興行が許されることになり、座元の興行権は全面的に廃止された。上方(かみがた)では座本と書き、幕府の許可を受けている興行権の所有者(名代(なだい))と、役者で興行師を兼ねた性格の座本(のちには形式化して名義上のものになってしまった)とが区別されていた。[服部幸雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぞ‐げん【座元】
〘名〙 (「ざげん」とも) 禅宗の僧職。首座(しゅそ・しゅざ)。首座の僧堂での座位が元首であるところからいう。現在では首座職を終わった者をさす。
※正法眼蔵(1231‐53)仏性「正法眼蔵無上大法を正伝せること、霊山に摩訶迦葉尊者の座元なりしがごとし」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

座元」の用語解説はコトバンクが提供しています。

座元の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation