@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

座繰製糸【ざぐりせいし】

世界大百科事典 第2版

ざぐりせいし【座繰製糸】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

座繰製糸
ざぐりせいし

座繰器による製糸方法のこと。座繰器とは、歯車仕掛けの木製の簡単な繰糸(くりいと)の道具である。煮繭鍋(にまゆなべ)から繭の糸目を枠にかけて手で回すと、糸枠が回転して糸を巻き取る。座繰器には俗に毛撚(けよ)りとよばれる付属品がついており、4、5粒の繭を1本の生糸にした。座繰製糸は、近世末期には手繰(てぐ)りにとってかわり支配的な生糸の生産方法となり、近代に入ると器械製糸の普及に対応して改良座繰(足踏み法)が出現し、農家の副業の道具として普及した。とくに碓氷(うすい)社など組合製糸の普及した群馬県などでは明治中期まで主要な製糸道具として用いられ、その後も器械製糸に対抗しつつ長く存続した。

[春日 豊]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

座繰製糸
ざぐりせいし
幕末から明治初期に普及した生糸の製法
開国後の輸出で生糸需要が増大したのに対応し,木製で繰りわくが歯車で回転し,従来の胴繰りや立作業の手挽きを能率化した。動力人力,まれに水力による。明治中期,機械製糸に移行

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

座繰製糸」の用語解説はコトバンクが提供しています。

座繰製糸の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation