@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

庫裏・庫裡【くり】

精選版 日本国語大辞典

く‐り【庫裏・庫裡】
〘名〙 (「く」は「庫」の呉音)
① 仏語。本尊への供物や住僧の食事の調理などをする建物。古くは食堂(じきどう)といわれたもの。
※太平記(14C後)二四「されば仏殿、法堂、庫裏(クリ)、僧堂、山門」
② 寺で、住職や家族などの住む所。仏殿、本堂に対する僧房、厨房の総称。
※東寺百合文書‐を・宝徳三年(1451)一〇月七日・彼方寿呵彌華蔵庵建具等注文「くり間、ふすましゃうじ二まい」
③ 真宗で、僧の妻の呼び名。おくりさま。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

庫裏・庫裡」の用語解説はコトバンクが提供しています。

庫裏・庫裡の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation