@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

庶子【しょし】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

庶子
しょし
家族制度上の用語。古くは「そし」ともいった。律令制においては,庶子は,嫡子 (ちゃくし) に対応するものとして使用されている。したがって,それは,家相続人以外の男子,嫡妻の長子以外の男子,妾の男子の3様の意義を有している。第1の意義の庶子は,大宝,養老の制においては,嫡子に罪疾ある場合に,これに代って選定を受ける地位にあり,また,嫡子よりもいささか劣るが,財産相続権も認められていた。中世における庶子の意義は,律令制におけるそれと同じく多義であった。しかも,この頃においては,惣領支配下の家々の当主もまた庶子と称されたから,その意義はさらに複雑になった。家相続人以外の諸子を意味する庶子の地位は,単独相続が一般化し,かつ取立て嫡子のことも少くなった室町時代以降,すこぶる劣悪化し,江戸時代においては,いわゆる「冷や飯食い」といわれる家長扶持人に下落した。民法の旧規定では父の認知した私生子を庶子といった。現行民法規定では庶子の名称は廃され,非嫡出子がこれにあたる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しょ‐し【庶子】
庶出の子。妾の産んだ子。
民法旧規定で、父が認知した私生児。現行民法ではこの名称は廃止され、父が認知した子、また認知を受けていない子をも含めて「嫡出でない子」という。⇔嫡子
古代・中世、嫡子以外の実子

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しょし【庶子】
一般には,中国,朝鮮,日本の旧社会において一家家督を嗣ぐ嫡子に対して,他の傍系一族員を呼ぶ場合の呼称である。また嫡妻(正妻)の子どもに対する庶妻の子どもたちという意味も存在する。しかし庶子の語は歴史上,異なった意味をもって使用されてきたことに注意しなければならない。なおヨーロッパ社会でも日常語として〈嫡出でない子〉,あるいは私生子(私生児)を指す語があるが,日本の家制度上の特殊な意味・内容が与えられた〈父親に認知された私生子〉という意味での庶子に対応するものではない。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

庶子
しょし

法律上の結婚をしていない女性の生んだ子を父が認知した場合に、父に対してその子を庶子とよび、家督相続では嫡出の女子に優先する地位にあったが、第二次世界大戦後の民法改正によってこの名称は廃止された。現行民法ではこれに相当する呼称はなく、あえていうならば「父によって認知された嫡出でない子」である。

[高橋康之]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しょ‐し【庶子】
〘名〙
① 庶出の子。正妻でない女から生まれた子。妾腹(しょうふく)の子。
※令義解(718)継嗣「无母弟。立庶子。无庶子。立嫡孫同母弟
※随筆・折たく柴の記(1716頃)上「一門の人々は庶子のおはせしを愛して、それを立られんとの事にやとうたがはれて」 〔戦国策‐西周策・赧王〕
② 嫡子以外の実子。あととり以外の子の総称。
※令義解(718)選叙「凡五位以上子出身者。一位嫡子従五位下。庶子正六位上」
※虎寛本狂言・粟田口(室町末‐近世初)「東林は庶子、東馬は惣領たるべし」
③ 中世、惣領制において、惣領の支配下に属する一族の者。寄子。
※来島文書‐永仁二年(1294)三月六日「充給惣領跡混領庶子分事」
④ 年齢のいっていない子。若年の子。
※御成敗式目(1232)二二条「右其親以成人之子吹挙之間、励勤厚之思、積労功之処、或付継母之讒言、或依庶子之鍾愛、其子雖義絶、忽漏彼処分
⑤ 旧民法で、父の認知した私生児。昭和二三年(一九四八)の民法改正でこの語は廃止され、現行民法では「父が認知した子」と呼び、また認知を受けない子をも含めて「嫡出でない子」と称する。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

そ‐し【庶子】
〘名〙
① 庶出の子。正妻でない女から生まれた子。しょし。
② 嫡子以外の実子。あととり以外の子の総称。しょし。
※高野本平家(13C前)五「群弟庶子(ソシ)みな棘路にあゆみ」
※中華若木詩抄(1520頃)上「王の子孫なれとも、庶子(ソし)領とわかるるに因てこそ如此なり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

庶子」の用語解説はコトバンクが提供しています。

庶子の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation