@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

康熙帝【コウキテイ】

デジタル大辞泉

こうき‐てい〔カウキ‐〕【康熙帝】
[1654~1722]中国、朝の第4代皇帝在位1661~1722。廟号聖祖。諱(いみな)は玄燁(げんよう)。三藩の乱を治め、台湾を領有し、ロシア蒙古チベットを進め、国土拡張。また、西洋学術を導入、学芸を振興して、清朝全盛期の基礎を固めた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こうきてい【康熙帝 Kāng xī dì】
1654‐1722
清朝第4代皇帝。在位1661‐1722年。順治帝の第3子。名は玄燁(げんよう),廟号は聖祖,年号によって康熙帝とよばれる。清朝260年の基礎をきずきあげた点において,また満人出身であるにもかかわらず朱子学を信奉し,中国的皇帝の理想像に近づこうとつとめた点において,歴代王朝の数ある皇帝のなかでも名君の一人といわれる。1661年(順治18),数え年8歳で即位したが,幼年のためオボイら4人の満人重臣が輔政大臣すなわち摂政として一時権力をふるった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

こうき‐てい カウキ‥【康熙帝】
中国、清朝の第四代皇帝(在位一六六一‐一七二二)。名は玄燁(げんよう)。廟号は聖祖。三藩の乱を鎮定し、チベット、台湾などを平定。また、ロシアの東進をはばんだ。学芸を奨励し、「康熙字典」「佩文韻府(はいぶんいんぷ)」など諸種の編集事業を起こし、孫の乾隆帝とともに「康熙・乾隆時代」と呼ばれる清朝の全盛期を現出した。(一六五四‐一七二二

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

康熙帝
こうきてい
1654〜1722
中国の清朝第4代皇帝,聖祖(在位1661〜1722)
世祖順治帝の第3子。8歳で即位し,南方に勢力を張っていた平西王呉三桂らの三藩の平定し(1681),ついで台湾の (てい) 氏を屈服させた(1683)。さらに当時,黒竜江沿いに南侵してきたロシアと戦い,ネルチンスク条約で国境を定め(1689),外モンゴル・青海・チベットを平定した。貿易を拡大し,銀の流入で財政は豊かになり,盛世滋生人丁 (せいせいじせいじんてい) で人頭税を軽減し,税制合理化に努力した。大いに文化事業をおこし,多数の欽定書(『古今図書集成』『康熙字典』『淵鑑類函 (えんかんるいかん) 』『佩文韻府 (はいぶんいんぷ) 』など)を編集させた。また外国人宣教師を用いて全国を測量し,『皇輿全覧図 (こうよぜんらんず) 』を作成させたが,イエズス会以外の宣教師を追放した(典礼問題)。在位61年政務に精励し,清の中国支配を定着させ,名君とたたえられた。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

康熙帝」の用語解説はコトバンクが提供しています。

康熙帝の関連情報

関連キーワード

康熙帝・康煕帝康煕帝康煕帝徳川吉宗後光明天皇後光明天皇御義口伝後光明天皇

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation