@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

廃校の再活用

朝日新聞掲載「キーワード」

廃校の再活用
全国の公立の小中高校、特別支援学校を対象にした文部科学省の調査では、2011年度までの10年間で、4709校が廃校になった。このうち4222校の校舎が残り、7割にあたる2963校が再活用されている。
 県内では181校が廃校になり、168校が現存。112校が再活用され、芸術村「あーとびる麦生(むぎょう)」(旧久慈市立麦生小中学校)、自然体験・研修施設「と風のがっこう」(旧葛巻町立小屋瀬小学校上外川分校)、公民館分館(旧軽米町立笹渡小中学校)などの例がある。
 文科省は「みんなの廃校プロジェクト」を立ち上げ、活用事例や補助制度を紹介しているほか、都市農山漁村交流活性化機構(東京都)も情報提供や現地セミナーを開いている。
(2014-09-27 朝日新聞 朝刊 岩手全県・2地方)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

廃校の再活用」の用語解説はコトバンクが提供しています。

廃校の再活用の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation