@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

延岡藩【のべおかはん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

延岡藩
のべおかはん
江戸時代,日向国 (宮崎) 延岡地方を領有した。古くは県 (あがた) 藩とも称した。藩主高橋氏5万石に始り,有馬氏5万 3000石,この間延岡藩と改称,三浦氏2万 3000石,牧野氏8万石と経て延享4 (1747) 年以降,内藤氏が7万石で入封,廃藩置県にいたった。内藤氏は譜代,江戸城帝鑑間詰。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

延岡藩
日向国、延岡地方(:△宮崎県延岡市▽)を領有した藩。古くは県(あがた)藩と称した。藩主は高橋氏、有馬氏、牧野氏など。延享年間に内藤氏が陸奥国から7万石で入封してからは、幕末まで8代にわたり内藤氏が藩主をつとめた。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藩名・旧国名がわかる事典

のべおかはん【延岡藩】
江戸時代日向(ひゅうが)国臼杵(うすき)郡延岡(現、宮崎県延岡市)に藩庁をおいた、初め外様(とざま)藩、のち譜代(ふだい)藩。延岡は1692年(元禄(げんろく)5)までは県(あがた)と称された。藩校は広業館(こうぎょうかん)。1587年(天正(てんしょう)15)、豊臣秀吉(とよとみひでよし)九州征伐後、高橋元種(もとたね)が5万3000石で入封(にゅうほう)し、関ヶ原の戦い後には徳川家康(とくがわいえやす)から所領を安堵(あんど)された。しかし、1614年(慶長(けいちょう)19)に高橋氏は改易(かいえき)され、翌年に有馬直純(なおずみ)が入封。その後、譜代の三浦氏、牧野氏を経て、1747年(延享(えんきょう)4)に内藤政樹(まさき)が陸奥(むつ)国 磐城平(いわきたいら)藩から7万石で入封、以後明治まで内藤氏が8代続いた。1869年(明治2)に世直し一揆の代表例として知られる「鬼打ち一揆」が高千穂地方で起きた。71年(明治4)の廃藩置県で延岡県となり、その後、美々津(みみつ)県、宮崎県、鹿児島県を経て、83年に再置の宮崎県に編入された。◇県藩ともいう。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

のべおかはん【延岡藩】
日向国(宮崎県)延岡を城下とした藩。延岡は1692年(元禄5)までは県(あがた)と称した。1587年(天正15)豊臣秀吉の九州征伐後高橋元種が入封(5万3000石)。1613年(慶長18)高橋氏が改易され,翌年有馬直純が入封(5万3000石)。有馬氏は居城本丸を修築するとともに城下町を整備した。90年9月に起こった山陰(やまげ)村の逃散は,凶作を押しての年貢徴収の強行ならびに専売制施行のための商品作物((こうぞ)等)の植付け強制が原因で,村民1400余名は大挙して高鍋藩領に逃散し,事態は幕府にも聞こえた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

延岡藩
のべおかはん
日向(ひゅうが)国延岡(宮崎県延岡市)を城下とし、その周辺を中心所領とした藩。1692年(元禄5)までは旧地名により県(あがた)藩と称した。1587年(天正15)豊臣(とよとみ)秀吉の島津(しまづ)氏征討後、高橋元種(たかはしもとたね)入封(5万3000石)、1613年(慶長18)高橋氏改易後、翌年有馬直純(ありまなおずみ)(5万3000石)入封。直純の父はキリシタン大名として有名な晴信。有馬氏は1691年まで在封し、その間、居城の本丸を修築するとともに城下町を整備拡大した。有馬氏に次いで92年三浦明敬(みうらあきひろ)入封(2万3000石)、1712年(正徳2)牧野成央(まきのなりなか)入封(8万石)。牧野氏は領内の農政に意を注いだようで、ことに1734年(享保19)に完成した岩熊井堰(せき)は有名。1747年(延享4)内藤政樹(ないとうまさき)入封(7万石)。このときは内藤氏が磐城平(いわきたいら)より日向延岡へ、井上氏が常陸笠間(ひたちかさま)より平へ、そして牧野氏が延岡より笠間へ入るという、いわゆる三角転封であった。以後、廃藩置県まで内藤氏が在封。内藤氏の所領は、城下延岡周辺と西方九州山地の村々(いずれも日向臼杵(うすき)郡)約2万5000石(城付(しろつき)所領)を中心とし、飛地(とびち)所領として、南方の宮崎郡内に約2万5000石、北方の豊後(ぶんご)三郡(大分、国東(くにさき)、速見(はやみ))に約2万石があり、譜代(ふだい)藩所領分散の一典型を示す。内藤延岡藩は九州における数少ない譜代藩の一つであったが、なにぶんにも辺境の地にあり、歴代藩主のなかから幕府老中は1人も出ていない。1869年(明治2)九州山地高千穂地方に起こったいわゆる鬼打ち一揆(いっき)は、世直し一揆の代表事例の一つである。1871年廃藩、延岡県となり、美々津(みみつ)県、宮崎県、鹿児島県を経て、83年再置の現宮崎県に編入された。[木村 礎]
『明治大学内藤家文書研究会編『譜代藩の研究――譜代内藤藩の藩政と藩領』(1972・八木書店)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

延岡藩」の用語解説はコトバンクが提供しています。

延岡藩の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation