@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

建切網【たてきりあみ】

世界大百科事典 第2版

たてきりあみ【建切網】
魚の群れを海底から水面まで仕切って囲み,漁獲する帯状の大。網裾には沈子(いわ)がつき,建てる網の丈はほぼ水深に準ずる。漁法を利用したものが多い。まず湾口・湾内で網を半円状に建て回し,湾に入った回遊魚の退路塞ぎ,次に網の内部に漁船を乗り入れ,引網,敷網刺網,タモ網などで漁獲する。この漁法の特徴から〈塞ぎ網〉ともいう。湾に恵まれない漁場では,まず魚群を網船で建て回してから漁獲する。建切網漁の特徴は,最少でも2種以上の漁網を併用すること,また建切網内部で用いる漁網や捕らえる魚の種類によって違いがあるが,他の網漁に比べ操業規模が大きいこと,である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

たてきり‐あみ【建切網】
〘名〙 湾に入った魚群が外洋に出られないように、海底から水面まで仕切って建てる帯状の大網。閉じ込めた魚を引き網・敷き網などを用いて捕える。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

建切網」の用語解説はコトバンクが提供しています。

建切網の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation