@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

建網【タテアミ】

デジタル大辞泉

たて‐あみ【建(て)網/立(て)網】
定置の一。魚群の通路垣網を張り、袋網に誘導して捕る漁法

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

たてあみ【建網】
一般に定置網とよばれているもので,沿岸の一定海面にこの漁具を移動しないように設置してをする。これは産卵索餌のため回遊する魚群は,それぞれ,接岸の場所・時期がきまっているので,その習性を利用して網を建てるのである。その構造は,沖合にむけて垣網(かきあみ)をはり出して魚群の進路をたちきり,この網に当たった魚を沖合にむけ誘導し,垣網のさきに設けられた身網(みあみ)(囊網(ふくろあみ))へおとしいれるしくみになっている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

建網
たてあみ
網漁具の一種。一般に定置網とよばれる漁具で、袋網(ふくろあみ)部、囲網(かこいあみ)部および垣網(かきあみ)部の3部からなるが、ときには袋網部が囲網部を兼ねて垣網部と2部の場合もあり、また囲網部が運動場部と登網(のぼりあみ)部に分かれ袋網部、垣網部を加えて4部となることもある。多くのものは海岸から沖合いに向けて垣網とよぶ1枚の長い網を張り出し、水面から水底までを遮断するので、沿岸に回遊してきた魚はこの網に当たって進路を変更し、垣網に沿いつつ沖合いの方向に誘導され垣網の先端にある囲網入口または袋網入口ヘ落ち込むような構造となっている。魚群の来遊に応じて適当な一定の場所に長期に敷設するので網は錨(いかり)や土俵などで固定設置されている。台網、出し網、張網(はりあみ)、桝網(ますあみ)、落し網などもこの類に含まれる。[三浦汀介]
『野村正恒著『最新 漁業技術一般』(2000・成山堂書店)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

建網」の用語解説はコトバンクが提供しています。

建網の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation