@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

廻船問屋【かいせんどんや】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

廻船問屋
かいせんどんや
江戸時代,廻船を所有し物資輸送を業とした海運業者。輸送だけでなく物資の売買をも兼ねたものが多い。鎌倉,室町時代の問 (とい) ,問丸 (といまる) などに起源をもち,室町時代末期から輸送と売買とは次第に分離するようになった。江戸時代に入ると,菱垣廻船樽廻船のように海運専業の廻船問屋出現した。しかしなかには北国廻船 (→北前船 ) のように運賃積みによらず,北陸,東北,蝦夷の諸産物を買入れては上方で売りさばき,同時に日用品を買込んで,翌春北国に帰航するものもあり,船主は売買問屋も兼ねていた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かいせん‐どいや〔クワイセンどひや〕【×廻船問屋】
江戸時代、荷主と船主の間にあって、積み荷の取り扱いをした業者。廻漕店(かいそうてん)。かいせんどんや。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かいせんどんや【廻船問屋】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かいせんどんや【廻船問屋】
近世、海運業者と荷送り人との間に立って、貨物運送の周旋をした店。廻漕問屋。廻漕店。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かいせん‐どいや クヮイセンどひや【廻船問屋】
〘名〙 近世の商品流通の拡大により、廻船利用の迅速化と運送経費の低廉化を目ざし、荷主と船主との間に介在して積荷の仕建や受入れなど荷物の取次を専門とする業者。菱垣廻船問屋や樽廻船問屋はその代表的なもの。船問屋。廻漕問屋。廻漕店。廻船屋。〔菱垣廻船問屋規録‐江戸廻船問屋由緒書(1855頃)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

廻船問屋
かいせんどいや
江戸時代,商品輸送の廻船に従事した業者
「船問屋」ともいう。海上輸送発達に伴い,主要なに出現。廻船の積み荷の集荷・引き受けのほか,みずから運送にもあたった。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

廻船問屋」の用語解説はコトバンクが提供しています。

廻船問屋の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation