@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

弁官【べんかん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

弁官
べんかん
令制における太政官内の要職。左右の弁官局があり,少納言局と合せて,太政官三局という。太政官内の庶務を取扱い,宣旨官符などの発布諸国,諸官庁と太政官との連絡などをすべて司った。左弁官中務 (なかつかさ) ,式部,治部,民部の4省を,右弁官は兵部,刑部 (ぎょうぶ) ,大蔵宮内各省を分掌。左右ともに大弁中弁少弁が1人ずつあり,のちに権官1人を加えて,定員7人で七と称せられた。名誉ある職で,家柄,能力ともにすぐれたものが任命された。弁官の制は江戸時代末期まで存続し,明治維新にいたって弁事に改められた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

べん‐かん〔‐クワン〕【弁官/×辨官】
律令制で、太政官(だいじょうかん)に属し、文書事務や、諸官司・諸国との連絡などをつかさどった官。左弁官右弁官に分かれ、それぞれ大弁中弁少弁が置かれ、その下に大史少史があった。おおともい。おおともいのつかさ。弁。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おお‐ともい〔おほともひ〕【弁官/辨官】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

べんかん【弁官】
律令制の官職組織の一つ。和訓は〈おおともいのつかさ〉。左弁官と右弁官とがあり,ともに太政官(だいじようかん)に所属する。これを構成するおもな官職は左・右とも,弁(大弁,中弁,少弁の三等,定員各1)と(大史,少史の二等,定員各2)で,左右大弁の相当位は従四位上で,八省のにつぐ高官である。その職掌には,太政官外に関するものと,太政官内についてのものがある。特に重要なのは前者に関する職掌で,左弁官は中務,式部,治部,民部の4省を,右弁官は兵部,刑部,大蔵,宮内の4省を管轄下に置き,これらの省が太政官に上申する庶政を受理して,太政大臣,左・右大臣,大・中納言,参議で構成される議政官組織に申達し,また議政官組織の命令を受けて行政命令書を作成し,八省のほか内外の諸官庁に対して発給する。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

弁官
べんかん

律令(りつりょう)官制の中枢の一つ。「おおともいのつかさ」といい、太政(だいじょう)官に直属した事務局で、下級機関からの上申文書の受理および太政官への申達(しんたつ)や、太政官符など太政官からの命令の下達(げたつ)の文書の発給事務を統轄した行政事務の執行機関。左弁官・右弁官があり、前者は中務(なかつかさ)・式部・治部(じぶ)・民部、後者は兵部(ひょうぶ)・刑部(ぎょうぶ)・大蔵(おおくら)・宮内(くない)の各4省を管轄下に置き、長官である左右大弁は従(じゅ)四位上相当で、八省の卿(かみ)に次ぐ高官である。

 その起源は天武(てんむ)朝の大弁官にまでさかのぼるが、大宝(たいほう)令制に定着するまでには複雑な経緯があったようである。律令文書行政の中核をなす官であるため、平安時代に蔵人所(くろうどどころ)が設けられると頭(とう)(長官)のうち1人は弁官があてられ(頭弁(とうのべん))、また文書を起草する史(し/ふみひと)の上首(じょうしゅ)(官務)は実務官僚として重視され、小槻(おづき)氏(壬生(みぶ)氏)が世襲した。

[佐藤宗諄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おお‐ともい おほともひ【弁官】
〘名〙 (「おおどもい」とも) 令制で、太政官事務局の職員。左右に分かれ、それぞれ大・中・少弁がある。左は中務(なかつかさ)、式部、治部、民部の四省、右は兵部(ひょうぶ)、刑部(ぎょうぶ)、大蔵、宮内の四省を管轄。べんかん。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

弁官
べんかん
律令制における太政官の要職
太政官と諸官司・諸国との連絡は弁官を経由して行われた。左弁官と右弁官に分かれ,大・中・少弁各1名とその下に大・小の史が置かれた。左弁官は中務 (なかつかさ) ・式部・治部・民部を,右弁官は兵部 (びようぶ) ・刑部 (ぎようぶ) ・大蔵・宮内各省を管轄した。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

弁官」の用語解説はコトバンクが提供しています。

弁官の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation