@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

弁当箱【ベントウバコ】

デジタル大辞泉

べんとう‐ばこ〔ベンタウ‐〕【弁当箱】
弁当を入れて持ち運ぶ

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

べんとうばこ【弁当箱】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

べんとうばこ【弁当箱】
弁当を入れる容器。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

食器・調理器具がわかる辞典

べんとうばこ【弁当箱】
弁当を入れる容器

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

弁当箱
べんとうばこ
金属あるいは合成樹脂製の個人用の食器。その源を「面桶(めんつう)」あるいは「破籠(わりご)(破子(わりご))」といった容器に発している。面桶はおもにヒノキの薄板を曲げてつくられた曲物(まげもの)の一種で、楕円(だえん)あるいは円形をしている。地方により、メンパ、ワッパ、モッソウなど種々の呼称があるが、農民、漁師の携行品として普及していた。破籠については、江戸時代には姿を消したようであるが、要するに折り箱の原型であり、使い捨てにされていた。
 両者は現在の弁当箱のルーツであるが、別に「弁当」「弁当箱」とよばれる器具がある。『和漢三才図会(ずえ)』には、「行厨(こうちゅう)」というものがあり、飯・汁・菜・酒また食器を収め、野外での食事に用いる、これを俗に弁当とよぶと記している。また『老人雑話』には、織田信長在城の時分に安土(あづち)城下で弁当というものがつくられ、「小芋程の内に諸道具をさまる」と記している。いずれも面桶のような個人用の器ではなく、精巧な道具であり、野宴のために使われたものである。
 江戸時代には、大名が下僕に担わせるような大掛りな弁当箱が使われ、炭火をおこし、汁を温めたり、茶をいれることなどができたものも多い。なお、携帯用の茶釜(ちゃがま)を中心とした茶道具一式を、「茶弁当」とよんでいたが、本来の「弁当」とともに使われることが多かった。一説には「べんとう」とは、前述した「面桶」の漢音で、面桶を語源とするというが、江戸時代には、庶民の日常道具である面桶と、行楽の用具である弁当(箱)とは、はっきりと区別されている。[森谷尅久・伊東宗裕]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

べんとう‐ばこ ベンタウ‥【弁当箱】
〘名〙 弁当を入れて持ち運ぶための器。
※随筆・梅翁随筆(1789‐1801か)二「辨当箱の主なれば、一寸来り口を合せよ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

弁当箱」の用語解説はコトバンクが提供しています。

弁当箱の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation