@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

弁論主義【べんろんしゅぎ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

弁論主義
べんろんしゅぎ
Verhandlungsmaxime
(1) 民事訴訟法において,判決の基礎となる事実の収集は当事者の権能かつ責任であるとする主義職権探知主義に対するもの。それは次のように要約することができる。すなわち,裁判所は,(a) 当事者の主張しない事実を判決の基礎にしてはならない,(b) 当事者間に争いのない事実はそのまま判決の基礎にすることを要する,(c) 争いのある事実を認定するには当事者の申し出た証拠のみによる。 (2) 刑事訴訟法でも同じ意味で用いられるが,当事者処分主義とも呼ばれる。 (→職権探知 )

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

べんろん‐しゅぎ【弁論主義】
民事訴訟法上、訴訟の解決または審理の資料の収集を当事者の権能かつ責任であるとする主義。刑事訴訟法では当事者主義ともいう。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

べんろんしゅぎ【弁論主義】
訴訟法,とくに民事訴訟法において,判決の基礎となる事実に関する資料の収集・提出は当事者の権能・責任であるとする原則。職権探知主義(判決の基礎となる事実資料を裁判所みずからが収集するという原則)に対する。広義では,訴訟の開始,判決対象の設定(民事訴訟法246条),判決によらない訴訟の終了(訴えの取下げ,和解など)を当事者の意思に任せる処分権主義をも含んで弁論主義と呼ぶこともある。 狭義の弁論主義は,その内容を細説して,(1)当事者の主張していない事実に基づいて判決をしてはならない,(2)両当事者間で一致した事実(すなわち,自白)については,裁判所はその真否を審理せずそのまま判決の基礎としなければならない,(3)証拠調べは当事者が申請したものを調べることができるだけである(職権証拠調べの禁止),と説かれる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

べんろんしゅぎ【弁論主義】
訴訟法上、弁論のための訴訟資料の収集を当事者の権能かつ責任であるとする原則。 → 当事者主義

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

弁論主義
べんろんしゅぎ
訴訟法上、審判の基礎となる事実および証拠の収集を当事者の権能または責任に属させる主義。対概念は職権探知主義。民事訴訟では、基本原理とされ、裁判所は当事者の申し立てない事項については判決をすることができず(民事訴訟法246条)、当事者の主張した事実を相手方が争う場合に限って裁判所は証拠を調べる義務があり、裁判所において当事者が自白した事実はこれを証明することを必要としない(同法179条)。
 刑事訴訟でも弁論主義が基調とされ、検察官の裁量により起訴猶予を許す起訴便宜主義(刑事訴訟法248条)を採用し、起訴する場合にも、訴因の設定・変更は検察官が行う(同法256条、312条1項)。また、証拠調べの請求も当事者が行う(同法298条1項)。しかし、民事訴訟のようには弁論主義が徹底されておらず、公判廷における自白または有罪の自認があっても、それだけでは有罪とはされない(同法319条2項・3項)。また、裁判所による職権証拠調べ(同法298条2項)あるいは訴因変更命令(同法312条2項)が認められ、訴因についても証拠についても裁判所の職権発動が認められている。ただし、現行刑事訴訟法は、当事者主義を基本原理として採用しているとの理解が一般的であり、職権証拠調べあるいは訴因変更命令は例外的な制度であるとされている(通説・判例)。[田口守一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

べんろん‐しゅぎ【弁論主義】
〘名〙 訴訟法上、訴訟の解決または審理の資料の収集を当事者の権能かつ責任であるとする主義。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

弁論主義」の用語解説はコトバンクが提供しています。

弁論主義の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation