@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

弁論【べんろん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

弁論
べんろん
Verhandlung
(1) 民事訴訟では,対立する当事者が,おのおの自己の請求の理由があることを主張するために,あるいは相手方の主張を排斥するために行う陳述および証拠の申し出をいう。弁論は口頭によってするのが原則であるが,書面による弁論も可能である。前者による場合,弁論は口頭弁論と同義に用いられる。

(2) 刑事訴訟では,第1に公判手続と同義に用いられ,第2に当事者の尋問と陳述を意味し,第3に証拠調べ終了後,特に被告人側からの事実および法律についての意見を陳述することをさし,検察側の論告に対して用いられる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

べん‐ろん【弁論/×辯論】
[名](スル)
大勢の前で、意見を述べること。「壇上で―する」「―大会」
互いに論じ合うこと。また、その議論。
法律用語。
民事訴訟法上、訴訟当事者の陳述。→口頭弁論
刑事訴訟法上、公判手続きのこと。特に、公判期日における訴訟関係人の陳述。→最終弁論

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

べんろん【弁論】
狭義では訴訟において当事者(代理人弁護人を含む)が行う陳述,広義ではそれの行われる手続をいう。近代訴訟法は,弁論が公開法廷で口頭でなされることを原則とするので,口頭弁論と称せられることも少なくない(民事訴訟法87条,刑事訴訟法43条)。なお,刑事訴訟での慣用語として,証拠調べが終わった後の意見陳述のうち,弁護人がするもの(刑事訴訟法293条2項)をとくに弁論と呼ぶこともある。 狭義の弁論を現実になしうる資格を弁論能力,または演述能力という。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

弁論」の用語解説はコトバンクが提供しています。

弁論の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation