@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

弓削島【ゆげしま】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

弓削島
ゆげしま
愛媛県北東部,芸予諸島の東端部にある島。上島町に属し,二つの島が陸繋砂州で結ばれる。中世には京都の教王護国寺荘園が経営され,揚浜式の製塩業が発達。江戸時代は今治藩に属し,参勤交代の休憩地とされた。対岸の広島県尾道市の造船関連工場に通勤する住民が多い。おもな産業は柑橘類の栽培。眺望に優れ,一部は瀬戸内海国立公園に属する。面積 8.61km2人口 3189 (2000) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

弓削島
愛媛県越智上島町、約1キロメートルの幅の弓削瀬戸を挟み、因島南東に位置する上島諸島の島。弓削大橋で隣接する佐島と結ばれる。面積約8.68平方キロメートル。鎌倉時代には京都・東寺の荘園。白砂青松の美しいビーチ、タラソテラピーを取り入れた海水温浴施設などがあり、観光業にも力を入れている。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ゆげしま【弓削島】
瀬戸内海に浮かぶ芸予諸島の東縁部に位置する島で,愛媛県の北東端にあって佐島,豊島百貫島とともに越智(おち)郡弓削町を構成。同町の人口4246,本島の人口3523(1995)。越智郡の島嶼(とうしよ)部のうち西方の岩城(いわぎ)・生名(いきな)両村とともに上島(かみじま)諸島とよばれ,その中心となっている。島は南北に細長く,面積9.65km2。中心集落の下弓削は砂州上にあり,島は主として石英雲母片岩,花コウ岩からなり,各所石材石灰岩を採取した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

弓削島
ゆげしま

愛媛県北東端、瀬戸内海芸予諸島東端にある島。越智(おち)郡上島(かみじま)町に属する。面積8.67平方キロメートル。南北二つの島が陸繋(りくけい)砂州によって結ばれ、ひょうたんの形をなし、砂州上に中心集落の弓削下弓削(ゆげしもゆげ)や港湾が立地する。最高点は北部の三山(みつやま)(325.3メートル)で、山頂からは瀬戸内海の眺望がいい。一部古生層を含む石英雲母片岩、花崗(かこう)岩、石灰岩などからなり、石材生産も行われる。なお、生名(いきな)、岩城(いわぎ)、赤穂根(あかほね)、佐(さ)島の島々を総称して上島諸島とよび、弓削島はその中心。北部は瀬戸内海国立公園域。1996年(平成8)には佐島との間に弓削大橋が架けられた。愛媛県今治(いまばり)市とを結ぶ船便と、広島県尾道(おのみち)市因島(いんのしま)とを結ぶ船便があるが、因島との便の方が多い。人口2834(2009)。

[深石一夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

弓削島」の用語解説はコトバンクが提供しています。

弓削島の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation