@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

弓矢【キュウシ】

デジタル大辞泉

きゅう‐し【弓矢】
弓と矢。
武芸。また、武門・武家。
「景時が―の冥加と守り給へ」〈盛衰記・二一〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ゆみ‐や【弓矢/弓×箭】
弓と矢。弓または矢。転じて、武器。兵器。
弓や矢など武器に関する方面。武道。
「ただ今ここを渡さずは長き―の疵(きず)なるべし」〈平家・四〉
戦争。いくさ。
「大堀を掘ってそこから東は漢の分、そこから西は楚の分に定めて―をやめられたぞ」〈玉塵抄・一〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ゆみや【弓矢】
は,飛道具としては投槍につづいて発明されたもので,その起源は古く旧石器時代にまでさかのぼる。広く世界中に分布するが,オーストラリア,タスマニアの原住民のように,これをまったく知らなかった民族もある。火器が発明される以前には,最も複雑かつ精巧な武器として卓越した力をもつものであり,矢にみられる多様性は顕著なものがある。弓幹の長さによって長弓と短弓,構造によって単弓と複合弓とに大別される。単弓は1本の木やでこしらえたもの,複合弓はその弓幹が同じ材料から作られているかどうかは別にして,少なくとも二つの別々の部分から成り立っているものである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

きゅうし【弓矢】
弓と矢。
武家。武門。武芸。 あはれ某-の芸に携はりて/盛衰記 3

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ゆみや【弓矢】
弓と矢。
武器。兵器。
武士。武道。 ただ今ここを渡さずは、永き-の疵なるべし/平家 4
いくさ。 武田上杉の-盛なりしことを/常山紀談
[句項目] 弓矢取る身

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きゅう‐し【弓矢】
〘名〙
① 弓と矢。ゆみや。弓箭(きゅうせん)
※新儀式(963頃)四「王卿取弓矢着座」 〔詩経‐小雅・車攻〕
② 武芸。武門。武家。
③ 馬の頭の中央にある旋毛。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

弓矢」の用語解説はコトバンクが提供しています。

弓矢の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation