@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

引攣【ひきつり】

精選版 日本国語大辞典

ひき‐つり【引攣】
〘名〙
① 顔や手足などが、ひきつること。筋肉がちぢまって痛むこと。痙攣(けいれん)を起こすこと。ひっつり。ひっつれ。〔塵芥(1510‐50頃)〕
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉五「古未耶病て死せんとする時、その面の攣縮(レンシク)(〈注〉ヒキツリ)して」
② 皮膚などの表面がやけどなどのため引っ張ったようになっていること。また、その部分。ひっつり。ひきつれ。ひっつれ。
※足袋の底(1913)〈徳田秋声〉二「傷痕の引釣が」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひき‐つ・る【引攣】
[1] 〘自ラ五(四)〙
① 痙攣(けいれん)を起こす。また、そのような状態になる。〔文明本節用集(室町中)〕
御伽草子・福富長者物語(室町末)「あまりこしのひきつり、おなかのいたむにたえずして」
② 引っ張られてこわばる。また、硬直して動かなくなる。
※自画像(1920)〈寺田寅彦〉「顔中妙に引き釣りゆがんで」
③ 物の表面が縮んでつっぱる。特に、やけどなどのため、皮膚がつっぱる。〔日葡辞書(1603‐04)〕
[2] 〘他ラ五(四)〙 痙攣させる。
※崖の下(1928)〈嘉村礒多〉「眉をぴりぴり引吊り」
[3] 〘自ラ下二〙 ⇒ひきつれる(引攣)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひき‐つ・れる【引攣】
〘自ラ下一〙 ひきつ・る 〘自ラ下二〙 =ひきつる(引攣)(一)
邪宗門(1909)〈北原白秋外光と印象・顔の印象「痙攣(ヒキツ)れる唇の端、光なくなやめる眼」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひっ‐つり【引攣】
〘名〙 「ひきつり(引攣)」の変化した語。
滑稽本・続膝栗毛(1810‐22)九「あばたも念の入たひっつりだらけのうへ、おまけに横小鬢が、はげてあった」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひっ‐つ・る【引攣】
[1] 〘自ラ五(四)〙 「ひきつる(引攣)」の変化した語。〔文明本節用集(室町中)〕
※日本橋(1914)〈泉鏡花〉五六「筋が引釣(ヒッツ)る」
[2] 〘他ラ四〙 引っぱる。
※滑稽本・七偏人(1857‐63)三「天窓(あたま)の皮を引(ヒッ)つったので」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひっ‐つれ【引攣】
〘名〙 =ひきつり(引攣)
ヤゴ分際(1962)〈藤枝静男〉「傷痕とは〈略〉傷が癒着してもなお一生消えない縫目や引っ吊れのことだ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

引攣」の用語解説はコトバンクが提供しています。

引攣の関連情報

他サービスで検索

「引攣」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation