@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

引目【ひきめ】

精選版 日本国語大辞典

ひき‐め【引目】
〘名〙
① 画法の一つ。大和絵で、細い直線を横に引いて描いた人物の目。
② 文楽の人形の操作で、両眼を同時に一方に寄せること。また、その目。
③ (「ひきめを負う」の形で) 他人のそしりや職務上の失態などによる不祥事。よくない事。
※玉塵抄(1563)二五「平人白衣の位な者が高い位にながいしてひきめををわうではないと云心ぞ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひけ‐め【引目】
〘名〙
① (形動) 進んで行なうことを避け、目立たないようにふるまうこと。また、そのさま。控え目。
※経国美談(1883‐84)〈矢野龍渓〉後「言語動作の何事に附け引け目にて遠慮勝ちに見えたるは」
② 自分が他人より劣っているような感じ。肩身の狭い思い。気おくれすること。劣等感。
※或る女(1919)〈有島武郎〉後「葉子は何事につけても愚痴っぽくひけ目になる自分を見出した」
③ 他に対して弱味・欠点として自覚している点。弱点。
※社会百面相(1902)〈内田魯庵〉電影「此方の敗目(ヒケメ)を恐れて強(むり)やりに引留めた」
④ 穀類、液体などを他に移すとき量目が減少すること。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

引目」の用語解説はコトバンクが提供しています。

引目の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation