@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

弘前藩【ひろさきはん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

弘前藩
ひろさきはん
津軽ともいう。江戸時代,陸奥国弘前地方 (青森県) を領有した藩。津軽為信関ヶ原の戦いで東軍に加わり所領4万 5000石を安堵されたのに始る。慶長5 (1600) 年に 2000石を加増されて4万 7000石となった。初め堀越にいたが,同 15年弘前に移った。文化2 (1805) 年寧親 (やすちか) の代に高直しによって7万石,さらに同5年再高直しによって 10万石となった。同6年には親定に 6000石を分与して,元禄4 (1691) 年分与の 4000石と合せて支藩黒石藩 1万石を創設。明治2 (1869) 年承昭 (つぐあきら) は新政府から1万石を加増され 10万 4000石となり廃藩置県にいたった。外様,江戸城大広間詰。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

弘前藩
陸奥国、弘前(:青森県弘前市)を本拠地として津軽地方を領有した外様藩。藩主は津軽氏。鉱山開発や良馬の生産で知られた。函館戦争では新政府軍の補給基地。弘前城は桜の名所として知られる。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藩名・旧国名がわかる事典

ひろさきはん【弘前藩】
江戸時代陸奥(むつ)国津軽郡弘前(現、青森県弘前市)に藩庁をおいた外様(とざま)藩。藩校は稽古館(けいこかん)。津軽地域は戦国時代まで南部氏の支配下にあったが、郡代補佐の大浦為信(おおうらためのぶ)が南部氏の内紛に乗じて1588年(天正(てんしょう)16)までに津軽統一をはたした。姓を津軽と改め、90年に豊臣秀吉(とよとみひでよし)から津軽の支配を認められた。関ヶ原の戦いでは徳川方につき、論功行賞で4万7000石を領有する大名となり、以後明治維新まで津軽氏12代が続いた。2代信枚(のぶひら)は1611年(慶長(けいちょう)16)に居城を堀越から高岡(のち弘前と改称)に移し、城下町が建設された。4代信政(のぶまさ)は新田開発を大々的に展開、内高(実際の石高)は87年(貞享(じょうきょう)4)の領内検地で26万1000石余にのぼった。1780年代に関東・東北地方を襲った天明の飢饉では8万余の餓死・病死者を出したが、続く寛政(かんせい)期に、藩士が自分の給地に帰郷して自立する藩士土着政策を実施して復興をはたした。一方、その頃からロシアの南下が顕著となったため幕府から蝦夷(えぞ)地警備を命じられ、1805年(文化2)にその功で7万石、08年には10万石に高直しを受けた。幕末の激動期は日和見(ひよりみ)的な態度に終始したが、最終的には勤王につき、箱館(函館)戦争では新政府軍の補給基地となった。71年(明治4)の廃藩置県により、弘前県を経て青森県に編入された。◇津軽藩ともいう。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ひろさきはん【弘前藩】
陸奥国弘前(青森県弘前市)に藩庁をおいた外様中藩。津軽藩ともいう。中世,津軽地域に勢力を扶植した南部氏と北畠氏を,南部(津軽)為が駆逐して津軽統一を成し遂げた(《津軽一統志》)。豊臣政権は1590年(天正18)の奥羽仕置一環として,91年津軽に太閤蔵入地1万5000石を設定し,津軽為信に領知高3万石を安堵した(組屋文書,秋田家文書)。藩体制の成立過程で家中騒動が続発し,なかでも為信のあとの相続をめぐる大熊騒動は幕府裁定がもちこまれた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

弘前藩
ひろさきはん

陸奥(むつ)国(青森県)津軽地方を領有した外様(とざま)藩。津軽藩ともいう。近世初頭の津軽は、南部(なんぶ)氏の支配下にあり、同氏の派遣した津軽郡代により支配されていた。弘前藩のおこりは、その郡代補佐の大浦為信(ためのぶ)が、南部氏の内紛に乗じて勢力を拡大し、津軽一円を手中に入れ、姓を津軽と改め、1590年(天正18)豊臣(とよとみ)秀吉より津軽4万5000石を安堵(あんど)されたときといえよう。為信は1600年(慶長5)には、徳川家康より上野(こうずけ)国勢多(せた)郡内に2000石を加増され、4万7000石を領有する大名となった。以来、弘前藩主として、為信、信枚(のぶひら)(信牧(のぶひら))、信義(のぶよし)、信政(のぶまさ)、信寿(のぶひさ)、信著(のぶあき)、信寧(のぶやす)、信明(のぶあきら)(のぶはる)、寧親(やすちか)、信順(のぶゆき)、順承(ゆきつぐ)、承昭(つぐあきら)と12代にわたり在封した。

 藩の表高(公称高)は1689年(元禄2)分知1000石を収公され、4万6000石(これ以前、黒石津軽家初代信英(のぶふさ)に5000石を分知したが、表高はかわらず)となり、1805年(文化2)蝦夷地(えぞち)警衛の功により7万石、1808年に10万石に高直しされた。翌年黒石津軽家に6000石を分知したが、蔵米(くらまい)で与えたので表高に変更がなく、1869年(明治2)承昭は、戊辰(ぼしん)戦争の軍功により賞典禄(ろく)1万石を与えられたが、この1万石は、同年の版籍奉還により制定された藩主の家禄に加えられたので、表高は変わらなかった。内高(実高)は表高よりかなり多く、1687年(貞享4)の総検地によると26万1831石余であった。

 当藩のおもなできごとを簡略に述べると、2代信枚は1611年(慶長16)居城を堀越より高岡(のち弘前と改称)に移し、城下町の建設をしたこと、4代信政はよく藩制の確立に努め、中興の英主と称されたこと、8代信明、9代寧親はよく天明(てんめい)の大飢饉(ききん)後の領内復興を果たしたこと、12代承昭は維新の動乱に勤王に決断し、そのあかしとして箱館(はこだて)戦争に大きな犠牲を払ったことなどがあげられる。1871年(明治4)廃藩、弘前県を経て青森県に編入。

[工藤睦男]

『『弘前市史 上(藩政編)』(1963/復刻版・1973・弘前市)』『工藤睦男「弘前藩」(『新編物語藩史 第1巻』所収・1975・新人物往来社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

弘前藩」の用語解説はコトバンクが提供しています。

弘前藩の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation