@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

弘道館記述義【こうどうかんきじゅつぎ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

弘道館記述義
こうどうかんきじゅつぎ
弘道館記』の内容を藤田東湖が,藩主徳川斉昭のにより敷延注釈したもの。『弘道館記』とは,水戸藩校弘道館の開校に際し,その教育方針を示すため,藩主斉昭が東湖に起草を命じ,青山延于会沢安,佐藤一斎らの意見を徴し,天保9 (1838) 年斉昭の名で公にした趣意書。『弘道館記』は「神儒一致,文武不岐,学問事業不殊其効」を主張し,斉昭時代の水戸学の精神を要約的に示している。東湖は起草の内命を受けて,弘化2 (45) 年 11月 11日起稿し,翌年正月晦日成稿,豊田天功,青山延光,国友善庵,石河鉄次郎のを得て訂正し,嘉永2 (49) 年「神聖の大道」である定稿を得た。上下2巻から成り,上巻は主として日本の道の淵源と道統を述べ,下巻は現実における道の顕現を意図したもの。東湖が畢生の力を注いだもので,水戸藩の尊王攘夷論の代表的著作として,幕末,明治期の思想に大きな影響を与えた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こうどうかんきじゅつぎ【弘道館記述義】
藤田東湖主著の一つ。1847年(弘化4)成稿。2巻。水戸藩の藩校弘道館(1841開館)の建学の趣旨を示した徳川斉昭撰の《弘道館記》(1838成稿)に,その草稿の作成者であった東湖が,命をうけて逐語的に注釈を加えたもので,敬神崇儒,尊王攘夷,忠孝無二,文武不岐,学問・事業の一致という後期水戸学の主要思想が集約的に提示されている。会沢正志斎の《新論》とともに水戸学を代表する著作である。なお,幕末に広く流通した〈尊王攘夷〉の言葉は《弘道館記》に始まるもののようである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

弘道館記述義
こうどうかんきじゅつぎ
水戸藩の藩校弘道館の建学の旨意と綱領とを記した藩主徳川斉昭(なりあき)(せん)『弘道館記』の解説書。斉昭の命を受け藤田東湖(とうこ)が起草し、会沢正志斎(あいざわせいしさい)らの批評を受けて訂正を重ね、1849年(嘉永2)完成した。神儒合一思想のもと尊王攘夷(じょうい)の具現者として徳川家康の功業を高く掲げ、これを補翼するのを歴代水戸藩主の使命とし、それを守る水戸藩士の責務を熱烈に鼓吹した。会沢の『新論』とともに幕末水戸藩の尊王攘夷論を代表する著作として全国に喧伝(けんでん)され、維新の志士たちに広く愛読された。1866~67年(慶応2~3)木活字本上下2冊が刊行されたが、各地の藩校において教科書として用いられた例が少なくない。[山口宗之]
『尾藤正英他校注「弘道館記述義」(『日本思想大系53 水戸学』所収・1973・岩波書店)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

弘道館記述義
こうどうかんきじゅつぎ
幕末,『弘道館記』の内容を注釈した藤田東湖の著述
2巻。藩主徳川斉昭 (なりあき) の命により1846年完成。『弘道館記』とともに水戸藩の尊王攘夷論の代表的著作として,幕末・明治期の思想に大きな影響を与えた。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

弘道館記述義」の用語解説はコトバンクが提供しています。

弘道館記述義の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation