@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

弦楽器【げんがっき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

弦楽器
げんがっき
stringed instrument
弦を発音体とする楽器総称を発音 (振動) させるには,弦を指や義爪などではじく (弦) ,弓で引く (擦弦) , (ばち) などでたたく (打弦) ,風で鳴らすなどの方法がある。一般的には楽器の形態によってツィター属,リュート属,リラ属,ハープ属の4種に分類される。楽器の構成部分はその種類によって異なるが,弦音を拡大するための共鳴胴,共鳴胴の弦に面する側の響板,リュート属特有の棹 (ネック) ,棹の前面部の指板と,弦を押す位置を示すフレット,張力を調整する糸巻,弦の振動を響板に伝えるブリッジなどがある。なお鍵盤を有するピアノやチェンバロも弦を発音体とする点で弦楽器と同じであることから,E.ホルンボステルや C.ザックスの分類法ではこれらも他の弦楽器と同様「弦鳴楽器」として扱っている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

げん‐がっき〔‐ガクキ〕【弦楽器/×絃楽器】
張られた弦の震動によって音を出す楽器の総称。震動を増幅するための共鳴胴をもち、奏法により、撥弦楽器擦弦楽器打弦楽器の3種に分類する。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

げんがっき【弦楽器 string instruments】
弦を発音体として,これを振動させることによって音を出す楽器の総称。弦から音を得るためには,その両端を固定して十分な緊張状態にし,なんらかの方法でこれを振動させる必要がある。すなわち,こする,かく(またははじく),そして打つことであり,このような奏法から見ると弦楽器は,弓弦(ゆみづる)や棒でこすって鳴らすバイオリン,胡弓,牙箏などの擦弦楽器,爪や撥(ばち)でかき鳴らすギター,箏,ハープなどの撥弦楽器,そしてピアノやツィンバロム,洋琴のごとく,弦を桴(ばち)で打ち鳴らす打弦楽器とに大別される。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

弦楽器
げんがっき

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

弦楽器」の用語解説はコトバンクが提供しています。

弦楽器の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation