@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

弱冠【ジャッカン】

デジタル大辞泉

じゃっ‐かん〔ジヤククワン〕【弱冠】
《「礼記」曲礼上の「二十をと曰ひてす」から》男子20歳のこと。
年が若いこと。「弱冠27歳で代議士に当選した」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とっさの日本語便利帳

弱冠
『礼記』の「二十を弱冠と曰(い)う」という記述によって、二〇歳を弱冠という。しかし、最近は年の若いことをいうようになった。

出典:(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」

精選版 日本国語大辞典

じゃっ‐かん ジャククヮン【弱冠】
〘名〙
① (中国周代の制で、男子二〇歳を「弱」といい、元服して冠をかぶる(「礼記‐曲礼上」)ところからいう) 男子二〇歳の異称。また、成年に達すること。
※懐風藻(751)大友皇子伝「年甫弱冠、拝太政大臣、総百揆以試之」
※太平記(14C後)一二「弱冠の比(ころ)より〈略〉笠懸(かさがけ)・犬追物(いぬおふもの)を好み」
② 年齢の若いこと。弱年。
※明衡往来(11C中か)下本「右弱冠之間、学問為宗」
※咄本・私可多咄(1671)二「昔、予弱冠(ジャククン)のころ、愚父とさがにまかりし事有」
※助左衛門四代記(1963)〈有吉佐和子〉五「弱冠三十四歳で和歌山県会の議長を勤めるようになっていた」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

故事成語を知る辞典

弱冠
男性の二〇歳のこと。また、あることをするのに比較的、年が若いこと。

[使用例] 教育係の吉原少尉は弱冠二十三歳で、平壌医専をくりあげ卒業した短期軍医である[井伏鱒二*黒い雨|1965~66]

[由来] 「礼記きょくらい・上」の一節から。当時の男性の人生を一〇歳刻みで描いた章で、「二十をじゃくい、かんす(二〇歳のことを『弱』と呼び、この歳になると冠を付ける)」とあります。当時の男性は、成人すると冠を付けるのが慣わしでした。

出典:故事成語を知る辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

弱冠」の用語解説はコトバンクが提供しています。

弱冠の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation