@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

弱法師【よろぼし】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

弱法師
よろぼし
能の曲名。四番目物 (→雑物 ) 。各流現行。観世十郎元雅作。季は春。河内国高安の里の左衛門尉通俊 (ワキ〈素襖上下,小刀〉) は,人の告げ口でわが子の俊徳丸を追出したが,のちになって気にかかり,天王寺で7日間の施行を行う。満参の日にあたり,供人 (間狂言〈長上下,小刀〉) になお施行を命じる。悲しみのあまり盲目となり乞食に身を落し,弱法師と呼ばれていた俊徳丸 (シテ〈弱法師の面,黒頭,水衣,杖〉) は,おりしも寺に来て施行を受け,寺の縁起などを語るうち,父はわが子と気がつくが,昼は人目もあり,観法の一つ,日想観 (にっそうかん) を子にすすめる。弱法師は見えぬ目であたりの風景を賞しながら狂い舞う (イロエ) 。夜ふけて訪れた通俊は,親子の名のりをし,俊徳丸の手をとって高安の里へ帰っていく。小書 (こがき) に「盲目之舞」 (観世,金剛) ,「双調之舞」 (宝生) ,「舞入」 (喜多) などがある。典拠未詳。巷説による創作か。浄瑠璃その他へ影響した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

よろ‐ぼうし〔‐ボフシ〕【弱法師】
よろよろ歩く法師。よろぼし。
「―わが門(かど)許せ餅(もち)の札/其角」〈猿蓑

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

よろ‐ぼし【法師】
よろぼうし」の音変化。
「これに出でたる乞丐人(こつがいにん)は、いかさま例の―か」〈謡・弱法師
[補説]作品名別項。→弱法師

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

よろぼし【弱法師】[作品名]
謡曲。四番目物観世十郎元雅作。大坂の天王寺で高安通俊が、諦観に身を置く弱法師という盲目の乞食(こじき)に会い、それがわが子の俊徳丸と知る。よろぼうし。
日本画家、下村観山の代表作。絹本金地著色による六曲一双の屏風。の一場面で、盲目の俊徳丸が四天王寺で日想観を行う姿を描いたもの。大正4年(1915)制作で、再興第2回院展の出品作。国指定重要文化財。
三島由紀夫の戯曲。をモチーフとする1幕の近代劇。昭和35年(1960)、「声」誌に発表。昭和40年(1965)初演。「近代能楽集」の8作目で最終作。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

よろぼし【弱法師】
能の曲名。四番目物観世元雅(もとまさ)作。ただしクセは世阿弥作らしい。シテは俊徳丸。河内の高安に住む高安通俊(みちとし)(ワキ)は,人の告げ口でわが子の俊徳丸を追い出したが,それを後悔して,功徳のため天王寺で7日間の施しを行った。その施行(せぎよう)の場に,弱法師と呼ばれている盲目の少年(シテ)が来て施しを受ける。弱法師は乞食の身ながら,梅の匂いに気持ちを通わす清純な心の持主で,天王寺の縁起を説く曲舞(くせまい)を語って聞かせる(〈クセ〉)。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

よろぼし【弱法師】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

よろぼうし【弱法師】
よろよろした法師、また、乞食坊主。よろぼし。 「 -我が門許せ餅の札(其角)/猿蓑」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

よろぼし【弱法師】
能の一。四番目物。作者未詳。河内国高安の里の左衛門尉通俊の子俊徳丸は讒言ざんげんにより家を追われ、盲目となってさすらっていたが、天王寺で父に見いだされ、高安の里へともなわれる。よろぼうし。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

弱法師
よろぼし
能の曲目。「よろぼうし」ともいう。四番目物。五流現行曲。金春(こんぱる)流は明治初期の復曲。他流も元禄(げんろく)(1688~1704)ころに再興したものとされる。世阿弥(ぜあみ)の長男、観世元雅(かんぜもとまさ)作。ただしクセの部分は世阿弥の作。河内(かわち)国(大阪府)高安の里の高安通俊(みちとし)(ワキ)は、人の讒言(ざんげん)を信じわが子を追放したことを悔い、天王寺で7日間の施しをしている。彼岸会(え)のにぎわいのなかに、盲目となり、乞食(こじき)の身となった俊徳丸(しゅんとくまる)(シテ)が現れ、梅の香にひかれつつ施行(せぎょう)を受け、天王寺の縁起を語る。彼岸中日の落日に極楽を念ずる日想観(じっそうかん)に続き、心眼に映る難波(なにわ)の景色に興奮した俊徳丸は、人々に突き当たり、盲目の境涯を思い知る。わが子と気づいていた父に伴われ、彼は故郷へと帰ってゆく。逆境にありながら、梅の香りのような詩心と、澄んだ諦観(ていかん)を失わぬ少年(青年の風貌(ふうぼう)の能面もある)として演出されるが、創作当時は妻を伴って出る脚本であった。影響を受けた後世の浄瑠璃(じょうるり)に『弱法師』『摂州合邦辻(せっしゅうがっぽうがつじ)』などがある。[増田正造]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

よろ‐ぼうし ‥ボフシ【弱法師】
[1] 〘名〙
① よろよろした法師。よろよろした乞食坊主。よろぼし。
説経節・説経しんとく丸(1648)下「『これなるこつがいにんな、物おくはぬか、よろめくは。いざやいみゃうおつけん』とて、よろほうしとなおつけ」
② 近世に行なわれた遊戯。縄を二人の足に結びつけ、互いに引きあって勝負を争うもの。
※日次紀事(1685)正月「或繋縄於両人之而互引之、是謂透逃子(ヨロホウシ)
[2] 謡曲。四番目物。各流。観世十郎元雅作。クセは世阿彌作。河内国高安の里の左衛門尉通俊は、ある人の讒言(ざんげん)を信じて子の俊徳丸を追い出すが、後になってあわれに思い、子の二世安楽を念じて天王寺で施行をする。俊徳丸は今は盲目のこじきとなって弱法師と呼ばれているが、折りしも天王寺を訪れこの寺の縁起などを語る。それを見て通俊はわが子と気づくが、人目をはばかって夜になってから親子の名乗りをあげ、ともに高安に帰る。よろぼし。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

よろ‐ぼし【弱法師】
(「よろぼうし(弱法師)」の変化した語)
[1] 〘名〙 =よろぼうし(弱法師)(一)①
※世阿彌筆本謡曲・弱法師(1429頃)「これにいでたるこつかいにんは いかさまれいのよろほしか」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

弱法師」の用語解説はコトバンクが提供しています。

弱法師の関連情報

他サービスで検索

「弱法師」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation