@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

張力【ちょうりょく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

張力
ちょうりょく
tension
物体の部分に着目するとき,その部分を両側へ引離す向きに働く力。圧力反対語の張力は糸を張る力で,糸が直線をなす場合や,なめらかな物体に触れて緊張している場合には,止っていても動いていても,どこでも張力の大きさは等しい。表面張力液体の境界上の任意の線を垂直方向に両側へ引張る力で,その大きさは単位長さあたりの力で表わされる。弾性体の張力は,物体内の任意の面を垂直方向に引張る力で,その大きさは単位面積あたりの力で表わされる。また,蒸気圧のことを蒸気張力,または単に張力ということがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ちょう‐りょく〔チヤウ‐〕【張力】
物体内の任意の断面に、垂直に、面を互いに引っ張るように働く応力。液体では通常、表面積を小さくしようとする一種の張力が働く。「表面張力

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ちょうりょく【張力 tension】
糸や弦のような細長い物体に,その長さを伸ばす方向に外力を加えるとき,この力を張力という。このとき物体の内部で長さの方向に垂直などの断面を考えても,その両側の部分は互いに引き合う状態になっているので,その力の大きさを断面積で割った値,すなわち単位面積あたりの力(応力)によって,その部分の張力(の強さ)を表す。なお,押し合う力の場合は圧力という。また,水蒸気張力などというように,蒸気の圧力のことを張力という場合もある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

張力
ちょうりょく

物体を引っ張る力をいう。物体を引っ張ったとき、物体の内部にも応力としての張力が働いている。この張力は単位面積当りの力で表す。一般に液体はその表面積を小さくしようとする傾向がある。これは表面に張力が働いていると考えることもできる。これを表面張力という。表面張力は、液体の表面に線を考え、この線の両側が引き合っている力、すなわち単位の長さ当りの力で定義される。

[和田八三久]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ちょう‐りょく チャウ‥【張力】
〘名〙 引っぱり合う力。物質の内部に任意の面を考えたとき、その面に垂直で、両側の部分を引き離すように働く力。
※遠西医方名物考補遺(1834)七「金石の煉して流動し堅氷の煦温にて溶解するも温泉の張力に因る」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

張力」の用語解説はコトバンクが提供しています。

張力の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation