@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

張衡【ちょうこう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

張衡
ちょうこう
Zhang Heng
[生]建初3(78)
[没]永和4(139)
中国,後漢の文学者,科学者。南陽郡西鄂 (河南省南陽) の人。字,平子。安帝に召されて郎中となり,侍中から河間相となって治績をあげ,のち尚書に移ってまもなく没した。広く学問に通じ,若いときから文名が高く,10年の歳月をかけてつくったさながら長安と洛陽の風俗史を思わせる『西京賦』『東京賦』や,抒情的な『思玄賦』などが有名。その『四愁詩』は作者の明らかな七言詩としては最も早い作品。再度にわたって天文の太史令をつとめて,天文,暦算に詳しく,蓋天論を説いた天文書『霊憲』を著わしたほか,渾天儀候風地動儀 (地震計) を発明した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ちょう‐こう〔チヤウカウ〕【張衡】
[78~139]中国、後漢科学者文学者南陽河南省)の人。(あざな)は平子(へいし)。詩賦にすぐれ、「西京賦」「東京賦」が有名。渾天(こんてん)儀天球儀)・候風地動儀地震感知装置)を作った。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ちょうこう【張衡 Zhāng Héng】
78‐139
中国の後漢時代の科学者,文学者。字は平子。河南省の南陽西鄂の人。安帝・順帝に仕え,天文暦法や史料編纂の長官に当たる太史令になり,さらに後漢では最高の官の尚書になった。文学の才にたけ,〈西京賦〉〈東京賦〉〈南都賦〉〈思玄賦〉などの詞賦を書き,また七言詩成立途上の一時期を画す〈四愁詩〉を作った(いずれも《文選》に収録された)。天文・陰陽・暦算に通じ,渾天(こんてん)家として《霊憲》を書いて,宇宙生成説,宇宙説を論じ,さらに〈天地鶏卵のよう〉に球状の天が中央のまるい地を包むという明確な渾天説に基づいて《渾天儀》を書き渾天儀製法について述べた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ちょうこう【張衡】
78~139 中国、後漢代の文人・天文学者。文才にたけ、詞賦をよくした。天文においては渾天こんてん説を明確に論じ、渾天儀(天球儀)や候風地動儀(地震計)などの機器を考案。円周率の近似計算でも知られる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

張衡
ちょうこう
(78―139)
中国、後漢(ごかん)の文人、科学者。南陽、西鄂(せいがく)県(河南省南陽県)の人。字(あざな)は平子。詞賦に秀で、長安と洛陽(らくよう)の風俗を描いた『西京賦』『東京賦』(あわせて『二京賦』)をつくり、人々が奢侈(しゃし)に走るのを風刺した。自身や光武帝の出身地南陽を賛美した『南都賦』や、『思玄賦』『帰田賦』などとともに『文選(もんぜん)』に収められている。天文・暦算や機械製作にも優れ、安帝・順帝のとき太史令(国立天文台長)となり、渾天(こんてん)説と渾天儀に関する『渾天儀注』や『霊憲』などの天文書を著し、水力で自動回転する渾天儀、天球儀や指南(しなん)車、木雕(もくちょう)(自分で飛ぶ木製の鳥)などをつくった。132年製作の候風地動儀は震源地の方向もわかる地震感知装置であった。図讖(としん)(讖緯(しんい)説)などの迷信を廃し、権力者にも厳しかったため河間王の補佐役に転出させられたが、そこでも治績をあげ、3年間で召喚されて尚書となり、139年没した。晩年の『四愁詩』は最初の七言詩であり、秀作とされる。[宮島一彦]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ちょう‐こう チャウカウ【張衡】
中国、後漢の文人、科学者。安帝に招かれ太史令となり、一種の天球儀である「渾天儀」や地震計のような「侯風地動儀」などを作った。また賦文も巧みで「二京賦」「帰田賦」がある。(七八‐一三九

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

張衡」の用語解説はコトバンクが提供しています。

張衡の関連情報

関連キーワード

ミトリダテス[1世]日本経緯度原点共鳴ニトロフェノール(データノート)阿片煙吸食及び場所提供罪ビリアトデメトリオス2世自民党総裁選Fire Phoneマイナス金利(2016)

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation