@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

強壮剤【きょうそうざい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

強壮剤
きょうそうざい
roborant
広い意味では,新陳代謝,栄養状態の改善,補血,強精,老化遅延などを目的とした薬剤。鉄剤,マンガンコバルトリン酸,各種カルシウム剤,各種ビタミンのほか,経験的にチョウセンニンジン,ニンニク(大蒜),タイソウ(大棗),薏苡仁などが用いられる。狭義では疲労回復剤,強精剤とされるが,医学的な強壮法はまだ提示されていない。臨床民間伝承により,ヒ素剤,リン製剤,キニーネ剤,鹿茸(ろくじょう)など特殊な生物製剤,ニンジン(白参,紅参)などの生薬が用いられる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

きょうそう‐ざい〔キヤウサウ‐〕【強壮剤】
体力回復や保健強壮のために用いる薬剤。ビタミン剤栄養剤など。強壮薬。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きょうそうざい【強壮剤 tonic】
栄養素以外の物質薬物として用いることによって生体の物質代謝を促進し体力を増進する物質をよぶが,薬理学的に明確な定義はない。さらには胃粘膜を刺激し食欲を増進させ消化液の分泌を促す物質も含める場合がある。物質代謝促進の考えから用いられたものに,ヒ素製剤,リンおよびリン酸化合物,キナ製剤および生薬,鉄剤,ヨウ素剤,甲状腺剤,カルシウム剤,さらには紅参(チョウセンニンジンの根を蒸したもの)や人参(チョウセンニンジンの根)などの各種生薬がある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

強壮剤
きょうそうざい

新陳代謝機能の回復、栄養状態の改善、補血、強精、疲労回復など、広い意味での病体の一般的改善を目的とした薬剤をいい、変質強壮剤、苦味強壮剤、補血強壮剤、滋養強壮剤などがある。変質強壮剤とは体質を改善するという意味で、亜ヒ酸剤などがある。苦味強壮剤には胃液の分泌を促す苦味剤としてキナ製剤が、補血強壮剤には鉄剤がある。滋養強壮剤は栄養によって機能の回復を図るもので、各種ビタミン剤、タンパク質、炭水化物、ミネラル、アミノ酸などがあげられる。漢方では人参(にんじん)がよく用いられる。最近では滋養強壮剤だけが栄養剤を含めて用いられ、薬用酒やドリンク剤がよく使われる。

[幸保文治]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きょうそう‐ざい キャウサウ‥【強壮剤】
〘名〙 全身の新陳代謝を促し、栄養状態を良好にし、その結果衰弱した体力を回復させるための薬物。強壮薬。〔和蘭字彙(1855‐58)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

強壮剤」の用語解説はコトバンクが提供しています。

強壮剤の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation