@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

強度【きょうど】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

強度
きょうど
strength
一般には,物体特に工業材料の強さをさす。この場合の強さすなわち強度とは,ある定められた条件のもとで材料が示す抵抗の限界をさし,通常は応力の値をもって比較する。たとえば,(1) 変形に関しては比例限度弾性限度降伏点または耐力,クリープ限度(→クリープ強さ)など,(2) 破壊に関しては,静的荷重では引っ張り強さ,圧縮強さ,剪断強さ,曲げ強さなどが,また動的荷重では疲れ強さ,衝撃値(→シャルピー衝撃値)などがそれぞれ用いられる。この例からもわかるように,材料の強度とは,同一材料でも,荷重の種類,加工条件,形状,使用環境(温度,湿度腐食条件)などによってその都度異なる値を示す。また,物理現象の程度を比較するため,単位面積や時間あたりの物理量を強度 intensityということもある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

きょう‐ど〔キヤウ‐〕【強度】
強さの程度。「鉄筋の強度
度合い・程度のはなはだしいこと。「強度近視

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

きょうど【強度】
強さの程度。 材料の-を測る -試験
程度のはなはだしいこと。 -の近視
フランス intensité ドゥルーズの用語。客観的な量ではなく、他の要素との差異によって知覚される強さのこと。形相と質料という客観的な量による分析を回避するために導入された概念。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きょう‐ど キャウ‥【強度】
〘名〙
① 強さの程度。強さの度合。強さ。
※小学読本(1873)〈田中義廉〉四「凝聚は、物体の分子の、互ひに粘着する力にして、体の強度、及び、其重量に関はるものなり」
② 度の強いこと。程度のはなはだしいこと。
※星座(1922)〈有島武郎〉「煤け切ったやうな鈍重な眼を強度の近眼鏡の後から覗かせながら」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

強度」の用語解説はコトバンクが提供しています。

強度の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation