@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

強装束【こわしょうぞく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

強装束
こわしょうぞく
こわそうぞくともいう。平安時代末期からの公家男性の糊づけされた直線的な装束。萎 (なえ) 装束に対する語。それまでの公家の服装は着装した際に肩山の線がなだらかであったが,次第に直線的で平面性を強調したものになり,13世紀以降一つの型として完成された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

こわ‐そうぞく〔こはサウゾク〕【強装束】
公家の装束で、(ほう)や直衣(のうし)などの地質にのりを固く引き、帽類には漆を厚く塗って、折り目をつけた形の着装様式。平安末期から流行した。こわしょうぞく。→萎装束(なえそうぞく)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こわ‐しょうぞく〔こはシヤウゾク〕【強装束】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こわしょうぞく【強装束】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

強装束
こわしょうぞく

糊(のり)で張りをもたせたこわばって固い地質を用い、直線的な輪郭を表す服装を強装束とよんでいる。これに対して、柔らかい地質でつくられ、しなやかな線を表すものを柔(なえ)装束とよぶ。強装束が生まれたのは、平安時代末の院政期公家(くげ)の生活が非常に形式的になったことと、武士の台頭とともに剛直な気分の萌芽(ほうが)、そして失墜しつつある公家の権威を改めて示す必要から、このような様式の服装が好まれ始めたと考えられる。神護寺蔵源頼朝画像はこの様式の代表的な例である。

[高田倭男]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こわ‐そうぞく こはサウゾク【強装束】
〘名〙 公家の装束の、地質が堅地で、絹地に糊を引き、冠帽類に漆を厚く塗る、強く張った着装様式。平安末から流行した。こわしょうぞく。〔海人藻芥(1420)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こわ‐しょうぞく こはシャウゾク【強装束】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

強装束」の用語解説はコトバンクが提供しています。

強装束の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation