@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

強訴【ごうそ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

強訴
ごうそ
嗷訴」とも書く。神社,仏寺の神人衆徒が,朝廷幕府に対して,神威をかさに大挙して訴訟を強硬に主張すること。比叡山延暦寺僧兵,衆徒が,日吉 (ひえ) 神社の神輿を奉じて朝廷に強し,彼らに手を焼いた白河法皇が,山法師を,賀茂川の水などとともに天下三不如意の一つにあげたことは有名である。また,興福寺の僧兵,衆徒が春日神社神木を奉じて,山階道理といわれる強訴に及ぶと,藤原氏一門はおそれ,強訴に逆らうものがあれば,放氏といって,一門から追放し氏人としての特権を剥奪した。強訴は,平安時代中期以降朝廷が弱体化するにつれて現れ,室町時代,武家政権の世となるとともに影をひそめていった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ごう‐そ〔ガウ‐〕【強訴/×嗷訴】
平安中期以後、僧兵神人(じにん)らが仏神権威を誇示し、集団で朝廷・幕府に対して訴えや要求をすること。
江戸時代、農民領主に対して年貢減免などを要求すること。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ごうそ【強訴】
惣百姓による集団的な直訴行動。江戸時代の百姓一揆の中心的な闘争形態。江戸時代初頭には武力による反抗も起こったが,島原の乱以降は百姓訴訟法と村落支配制度が整備され,順を踏んだ訴願がふえた。しかし小百姓が成長し,訴訟の体験を重ねることを通じて,やがて苛政に対して順を踏まない違法な直訴の方法で農民の要求を実現しようとする闘争が生まれてきた。17世紀中・後期には,惣百姓の意向を体して村役人が単独もしくは少数で直訴する村役人代表越訴(おつそ)が多かったが,そのなかから,惣百姓が徒党して直接に直訴する惣百姓強訴の闘争が発展してきた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

強訴
ごうそ

徒党を組んで強引に訴願をなすこと。嗷訴とも書く。古くは平安中期から室町末期に至る間に、寺社の衆徒(しゅと)・神人(じにん)らが武器をとり、集団行動によって、朝廷または要路に自己の要求を突きつけ、その裁許を強要する行動をいう。このうち春日(かすが)神木を捧持(ほうじ)する奈良興福寺(こうふくじ)の衆徒と日吉神輿(ひえしんよ)を担ぐ比叡山(ひえいざん)延暦寺(えんりゃくじ)の大衆の活動がもっとも顕著である。僧侶(そうりょ)は本来、所司の順序を経ずに直接要路へ訴訟することは養老令(ようろうりょう)以来禁ぜられていたが、律令国家の諸紀綱の乱れが社会全般に波及してくるころになると、僧侶らが群集して京都に乱入し、朝廷へ愁訴(しゅうそ)することがたびたび起こった。この行動は949年(天暦3)に東大寺の法師団が別当の非違を訴えて入京したことに始まり、981年(天元4)には京都法性寺(ほっしょうじ)座主(ざす)に関して、180余人の僧侶が訴訟し、1006年(寛弘3)には大和(やまと)国司源頼親(よりちか)の罷免を乞(こ)うて興福寺大衆2000余人が行動しているが、これらは当時一般の百姓が秕政(ひせい)を鳴らして愁訴した場合と同様に、朝廷の手兵によって追い返されている。しかし一方、伊勢(いせ)神宮や宇佐八幡宮(うさはちまんぐう)からの入洛(にゅうらく)訴訟については、彼らがそれぞれの神威を背景とし、神霊の拠物を捧持して交渉したため、祟(たた)りの思想の強い公家(くげ)社会では、これを恐れるのあまり、彼らの申請のままに処断する例が多くなった。やがて寺院側もその方式に倣い、平安後期に朝廷の寺院に対する統制力の弛緩(しかん)に乗じて寺院大衆の自治権が著しく伸張したことや、神仏混淆(こんこう)思想の横溢(おういつ)した背景などから、関係ある神社の神木や神輿を捧持し、大衆の集会(しゅうえ)決議によって、要路に向かって直接、かつたびたび威圧を加えることとなった。朝廷でも当初はこれを厳禁してきたが、公家の迷信がますます厚さを加えるなかにあっては、まったくその対策を失い、寺院側では裁許を促すために、さらに僧侶の全員離山をもって脅迫したので、「仏法衰うれば王法亡(ほろ)ぶ」との当時の思想から、しだいにその要求を拒絶できなくなった。かの強直な白河(しらかわ)法皇さえも「朕(ちん)の意にかなわぬ者は、賀茂(かも)川の水、双六(すごろく)の賽(さい)、山法師」と嘆いたのは著名な話であり、また理不尽な要求を押し通すことを「山階(やましな)道理」(山階寺は興福寺の古名)と称することともなった。このようにして寺院は強大な武力と広大な寺領を背景とする権力によって、国家法権、警察権の外にたつようになった。鎌倉初期に至り源頼朝(よりとも)は政権を掌握した際、一時これを弾圧しようとしたが、公家側の信仰思想の存在から成功しなかった。この強訴は公家勢力の残存した室町時代まで続いたが、入洛は南北朝期にほぼ終わっている。中世末期の動乱時代に入ると、大寺院はますます多数の僧兵を養って、自己勢力の増大を図り、ために時の中央政権、地方政権、さらに寺院相互間の軋轢(あつれき)抗争にも活動したが、より強大な織豊(しょくほう)政権の出現によってようやく終焉(しゅうえん)したものである。

 江戸時代、幕府では百姓一揆(いっき)のことを強訴と称した。1770年(明和7)4月の「徒党強訴逃散(ちょうさん)訴人儀高札」によれば、「何事によらずよろしからざる事に百姓大勢申合候を徒党ととなへ、徒党してねがい事企つるを強訴といひ……」と定義している。

[平井良朋]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

強訴
ごうそ
徒党を組んで訴えをおこし,それを強く主張する集団行動
平安後期,延暦寺の僧徒が日吉 (ひえ) 神社の神輿 (しんよ) を,興福寺の僧徒が春日神社の神木を奉じて入京,朝廷に対し要求を貫徹しようとしたことは僧兵の強訴として著名。また室町〜江戸時代における封建領主や幕府に対する農民の集団的要求行動も強訴と呼んだ。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

強訴」の用語解説はコトバンクが提供しています。

強訴の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation