@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

弾性波【だんせいは】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

弾性波
だんせいは
elastic wave
弾性体内を伝わる弾性振動の波。固体においては密度変化の縦波とずれによる横波とがあるが,流体においては密度変化の縦波だけで,横波はない。一般に弾性波の伝わる速さは (弾性係数/密度) の平方根で与えられる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

だんせい‐は【弾性波】
弾性体内を伝わる波。地震波音波など。縦波と横波とがある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

だんせいは【弾性波 elastic wave】
物質の弾性によって生ずる波。弾性体の伸縮の弾性によって生ずる体積変化の波と,ずれ応力によって生ずる変形の波の2種類があり,前者は縦波(または疎密波という),後者は横波である。ずれに対して弾性を示さない液体や気体の中では変形の波,すなわち横波は起こらない。空気中や水中の音波,地球の内部を伝わる地震波などは弾性波の例である。しかし水面の波は重力および表面張力によって生ずるもので,弾性波ではない。横波【有山 正孝】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

弾性波
だんせいは

弾性体の中を伝わる弾性変形の波を弾性波という。弾性波には縦波と横波とがある。縦波は体積変化を伴う疎密波であり、横波は体積変化を伴わぬずれ変形の波である。等方的な弾性体内では、その密度をρ、体積弾性率をK、剛性率(ずれの弾性率)をGと書けば、縦波の速度vl、横波の速度vtは、vl=((K+(4/3)・G)/ρ)1/2およびvt=(G/ρ)1/2である。

[飼沼芳郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

だんせい‐は【弾性波】
〘名〙 弾性体内を伝わる振動波。体積弾性による縦波とずれ弾性による横波とがある。音波や地震波など。
※怪異考(1927)〈寺田寅彦〉一「魚類が此の種の短週期弾性波に対してどう反応するかに就いて」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

弾性波」の用語解説はコトバンクが提供しています。

弾性波の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation