@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

弾正台【だんじょうだい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

弾正台
だんじょうだい
律令官制の一つで警察機関。内外非違糾弾し,風俗粛正することを職掌とした。長官 (かみ) は従三位相当官で,親王が任じられることが多く,高位高官の非違をも,直接奏聞する権限をもっていた。尹の下に (すけ) , (じょう) ,疏 (さかん) ,巡察弾正などがあった。9世紀の検非違使設置後は有名無実化した。明治維新後一時復活をみたが,明治4 (1871) 年司法省が設置されて廃止された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

だんじょう‐だい〔ダンジヤウ‐〕【弾正台】
律令制で、非違の取り締まり、風俗の粛正などをつかさどった役所検非違使(けびいし)が置かれてからは形骸化した。ただすつかさ。
明治2年(1869)太政官制下に設置された警察機関。同4年、司法省合併

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ただす‐つかさ【弾台】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

だんじょうだい【弾正台】
(1)和訓は〈ただすのつかさ〉。古代の令制官の一つ。二官八省のいわゆる政府機関から独立して,太政大臣を除く全官人の綱紀の粛正と非法違法の摘発とを任務とした。唐の御史台にならったもので,天武朝に令制の弾正尹にあたる糺職大夫がみえ,このころからこの種の役所が存在したと考えられる。一応全国の官人を対象とする形をとっていたが,京以外の諸国の官人を対象とするのは,京に逗留中に犯した非違または諸国の官人に非違ありとして告訴された場合に限られていた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ただすのつかさ【弾正台】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

弾正台
だんじょうだい

令(りょう)制の警察機関。風俗の粛正と非違の取締りにあたる。和名では「ただすつかさ」と読み、唐名は御史台(ぎょしだい)という。唐の御史台には台院、殿院、察院の三院が属しているが、わが国の弾正台は主として台院の職務を模したものである。その職員は四等官(しとうかん)制で、長官(かみ)に尹(いん)1人があり、のちには多く親王の任となる。次官(すけ)の弼(ひつ)はもと1人であるが、やがて大弼、少弼に分かれる。判官(じょう)は大忠(だいちゅう)1人、少忠1人、主典(さかん)は大疏(だいそ)1人、少疏1人で、その下に現在の巡査に相当する巡察弾正10人や史生(ししょう)6人、使部(つかいべ)30人、直丁(じきちょう)2人などが所属する。弘仁(こうにん)年間(810~824)に検非違使(けびいし)が置かれてからは、弾正台の職務はしだいに吸収された。

 1869年(明治2)刑法官監察司にかわり設置され、長官(尹)に九条道孝、次官(大弼)に池田茂政(前岡山藩主)が任命された。71年廃止。

[渡辺直彦]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ただす‐つかさ【弾正台】
〘名〙 (「糺(ただ)す司(つかさ)」の意) =だんじょうだい(弾正台)①〔二十巻本和名抄(934頃)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

だんじょう‐だい ダンジャウ‥【弾正台】
〘名〙 (「だんしょうたい」「だんじょうたい」とも)
① 令制で、内外の非法をといただし、風俗を粛正することをつかさどる役所。尹(かみ・いん)・弼(すけ・ひつ)・忠(じょう・ちゅう)・疏(さかん・そ)の四等官と、巡察弾正などの官人がある。親王および左右大臣以下の朝臣の非違を、弾奏式により太政官を経ず直ちに奏聞し得たが、後世、その職掌は検非違使(けびいし)に移り、実体を失った。ただすつかさ。霜台。〔令義解(718)〕
② 明治二年(一八六九)五月に設置された太政官制度下の官庁の一つ。刑部省とともに司法省の前身で、非違を糾弾(きゅうだん)することをつかさどった。尹・弼・忠・疏・巡察弾正(巡察使部)、史生などの職員があった。同四年七月廃止。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

弾正台
だんじょうだい
①律令官制の警察機関
②明治時代の警察機関
八省から独立して,風俗の粛正・官人の違法糾弾を任務とする。全国の治安維持にあたるのが原則であったが,京内に限られるようになった。9世紀に検非違使 (けびいし) が設けられると有名無実となった。
1869年に設置したが '71年廃止された。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

弾正台」の用語解説はコトバンクが提供しています。

弾正台の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation