@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

弾道ミサイル【だんどうミサイル】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

弾道ミサイル
だんどうミサイル
ballistic missile
ロケットで加速され,大気圏の内外を弾道を描いて飛ぶミサイル。その先端には核弾頭または通常弾頭が装備される。このミサイルはロケットで加速され,ジャイロスコープ加速度計を感知器とする誘導機構によって,所定の位置 (砲口に相当) で所定の速度 (初速に相当) になったとき,ロケットの噴射が止められ,ミサイルは自由弾道を描いて目標に向って飛ぶ。初めて実戦で用いられたのは,第2次世界大戦中のドイツのV-2号 (→V兵器 ) で,主としてロンドン攻撃に使用された。秒速 1000m内外で目標地域に落下していったため,1発も撃墜されなかった。戦後主として米ソで大きな進歩をとげ,戦略用としては,ICBMSLBMIRBMなどがあり,戦術用としては SRBM (短距離弾道ミサイル) ないし戦場用弾道ミサイルなどがアメリカ,ソ連,イギリス,フランス,中国,イスラエルなどで実用化された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵

弾道ミサイル
砲弾のように弾道を描いて飛ぶミサイルを弾道ミサイルという。ミサイルには、ほぼ直線を描いて飛ぶものや、地表面に対して水平飛行するものもあるが、弾道ミサイルは高い角度で打ち上げられ、ロケット燃料などにより加速上昇し、後は慣性に従って飛行し落下着弾する。航跡が弾道、すなわち高く打ち上げた砲弾のように放物線やだえんの弧に近い形であることから弾道ミサイルまたは弾道弾という。
射程は短いものでも数百km、長いものでは大陸間弾道ミサイルのように数千kmから1万kmを超えるものもある。長距離弾道ミサイルの弾道の最高点は高度約1千kmと、大気圏外に達し、大気圏に再突入する際の速度は毎秒数kmになる。このため迎撃は非常に困難だが、標的への誘導にも高い技術が求められる。ミサイルの半数が的中する精度は数百mから数kmの範囲といわれる。このために、破壊力の大きな核弾頭や生物・化学兵器などが搭載されることが多い。
史上初の弾道ミサイルは、ナチス・ドイツがイギリスやベルギーなどを攻撃するために開発したV2ロケットである。この技術をもとに東西冷戦期には米ソが競って開発を進め、北米大陸とユーラシア大陸の間を海を越えて攻撃できる大陸間弾道ミサイルが多数配備された。現在では中国も大陸間弾道ミサイルを保有し、北朝鮮のテポドン2号も長距離弾道ミサイルであると考えられている。短距離弾道ミサイルも含めると保有する国は数十カ国に上り、紛争当事国にも売却されて実戦使用もされている。これらに対する懸念から「ミサイル関連技術輸出規制」(MTCR)や「拡散に対する安全保障構想」(PSI)が提唱されているが、決定的な抑止の効果を持つには至っていない。

(金谷俊秀 ライター / 2009年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

デジタル大辞泉

だんどう‐ミサイル〔ダンダウ‐〕【弾道ミサイル】
ロケットエンジンを動力として、慣性誘導装置により放物線に近い弾道を描いて飛ぶミサイル。射程距離が長く高速度で飛行するため、発見や迎撃が困難となる。弾道弾。BMballistic missile)。→ミサイル

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

だんどうみさいる【弾道ミサイル】

出典:株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版

だんどうミサイル【弾道ミサイル】
ロケットで高高度に打ち上げ、目標に落下させるミサイル。飛翔ひしよう経路が、大砲の弾道曲線に近いのでいう。飛翔距離により、 ICBM ・ IRBM ・ MRBM などに分類される。弾道弾。 → 巡航じゆんこうミサイル

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

弾道ミサイル」の用語解説はコトバンクが提供しています。

弾道ミサイルの関連情報

他サービスで検索

「弾道ミサイル」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation