@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

当事者尋問【とうじしゃじんもん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

当事者尋問
とうじしゃじんもん
Beweis durch Parteivernehmung
民事訴訟法上,訴訟当事者本人を証拠方法として尋問する証拠調べで,他の証拠調べによっては裁判所が十分な心証を得られない場合にのみ補充的に行なわれる。手続は,証人尋問の手続に準じるが,宣誓をさせるかかは裁判所の裁量により,虚偽陳述をしたときも過料の制裁があるだけである。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

とうじしゃじんもん【当事者尋問】
民事訴訟において,当事者本人またはその法定代理人を証拠方法の一種として見聞事実について尋問し,その供述証拠資料とする証拠調べをいう(民事訴訟法207条以下)。これは当事者を意識的に取調べの客体とする点で,裁判所の釈明処分(釈明権)として出頭を命じられた当事者が訴訟関係を明瞭にするため訴訟の主体として陳述をする(151条1項)場合とは異なる。もっとも,裁判所の釈明処分として出頭した当事者の陳述等も〈弁論の全趣旨〉として証拠資料となることはある(247条)。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

当事者尋問
とうじしゃじんもん
民事訴訟において、訴訟当事者本人を証拠方法として、その見聞した事実について尋問する証拠調べ(民事訴訟法207条以下)。本人尋問ともいう。当事者尋問は、申立てまたは職権により行う(同法207条1項)。当事者は直接の利害関係人であるから真実を述べるかどうか疑わしいし、また、その不利な面に供述を強いるのは酷であることから、旧法第336条では証拠調べによって裁判所が心証を得ることができないときに当事者尋問ができるとされた(これを当事者尋問の補充性といった)。しかし、事実関係をもっともよく知るのも当事者であるから、実務ではかならずしも補充性は守られていなかった。現行法は、補充性を廃し、証人と当事者本人の尋問を行うときは、まず証人尋問を先にするにとどめた(同法207条2項)。当事者は出頭義務、宣誓義務、陳述義務を負い、尋問手続は証人尋問のそれに準ずるが、宣誓の必要性、虚偽の陳述に対する制裁、出頭・宣誓拒否に対する制裁などについては証人のそれに比して緩められている(同法207条1項・208条・209条)。なお、当事者の法定代理人、法人等の代表者・管理人も、当事者本人に準じて扱われる。[本間義信]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

当事者尋問」の用語解説はコトバンクが提供しています。

当事者尋問の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation