@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

当座預金【とうざよきん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

当座預金
とうざよきん
current deposit
当座勘定に受入れられる預金で,金融機関と当座勘定契約を結んだ取引先が,その金融機関あてに振出し小切手,その金融機関を支払場所に指定して振出し,または引受けた手形の支払資金として預け入れる預金。当座勘定取引先は日々の商取引によって受取る現金や小切手は当座預金として預け入れ,支払いは小切手・手形を振出してこれにあて,それらの支払いは金融機関が行うのである。換言すれば当座預金者は日常の営業資金の出納をみずから行う手数を省き,金融機関に代行させているものといえる。こうした関係からこの預金には利息がつけられない。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

とうざ‐よきん〔タウザ‐〕【当座預金】
銀行に当座勘定口座を設けている取引先が、小切手・手形の支払資金として預け入れた預金。無利息で、預金者は小切手・手形により、自由に払い戻しを請求できる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

とうざよきん【当座預金】
小切手あるいは手形により,随時支払が行われる要求払預金である。金銭支払が多様な形で大量に行われる今日の法人においては,現金支払に伴う金銭出納の煩雑さや危険を避け,商取引の拡充を図るため,当座預金を利用した小切手や手形支払が最も一般的な資金決済手段として用いられている。また,振り出された小切手や手形は,現金に準じた預金通貨として市中を流通する。たとえば,A銀行に当座預金を有するに支払をしようとする場合,甲が乙に対し小切手を渡せば,乙はA銀行から現金支払を受けることもできるし,あるいは乙の取引銀行B銀行を通じて小切手の支払呈示を行い,みずからの口座にその代金を入金することもできる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

とうざよきん【当座預金】
小切手や手形の支払いのための預金。無利息が原則で、引き出しには小切手や手形が使われる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

当座預金
とうざよきん
銀行の取引先が、小切手・手形の支払いを委託することを目的に銀行との間で締結した当座取引契約に基づき預け入れておく預金で、要求払預金の一種である。日本では無利息である。預金者は、日常の営業活動に伴う支払代金の決済や代金回収を当座預金取引先である銀行に委託して行うことにより、事務負担や危険を回避することができる。また、当座預金者は、現金通貨を用いないで、当座預金口座を使用して、手形・小切手により代金を決済できるため、当座預金は通貨としての機能を有する典型的な預金通貨といわれる。当座預金は、法人による決済口座としての使用がほとんどである。その際、金融機関は、取引先である法人が口座残高を超えて極度額まで決済を認める「当座貸越契約」を締結することがある。なお、個人が当座預金を割賦金やカード・ローンの返済専用口座として使用することもある。口座開設を認めた金融機関は、自らの手形・小切手の自由な使用とその金融市場での流通を認めることになるので、取引先の不渡りが多発すれば、その金融機関の信用は低下する。したがって、金融機関は、当座取引申込み先については、身元、経歴、信用状態、資産、行為能力、過去の手形・小切手事故の有無などについて十分調査確認して取引の諾否を決定する。当座預金は預金保険制度上の決済用預金なので、全額保護される。[太田和男]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

とうざ‐よきん タウザ‥【当座預金】
〘名〙 銀行預金の一種。期限を定めず、預金者の請求に応じて、いつでも支払う無利子の預金。預金の引出しは、預金者の振出した小切手や手形を用いる。当座。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

当座預金」の用語解説はコトバンクが提供しています。

当座預金の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation