@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

当量電気伝導率【とうりょうでんきでんどうりつ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

当量電気伝導率
とうりょうでんきでんどうりつ
equivalent conductivity
単に当量伝導率,当量導電率,または当量伝導度ともいう。1グラム当量の溶質の占める溶液体積V ,その溶液の比電気伝導率をκ (抵抗率の逆数) とするとき,当量電気伝導率 ΛΛ=κV で定義される。電解質溶液において Λ は濃度の関数で,濃度が小さいほど Λ は大きくなる。無限希釈の極限の溶液の当量電気伝導率を Λ0 (極限当量電気伝導率) ,陰,陽それぞれの1グラム当量のイオンの伝導率を λ0- ,λ0+ とするとき,Λ0=λ0++λ0- となる。すなわち無限希釈における電解質溶液の伝導率は陰,陽両イオンの伝導率の和に等しい。これをコールラウシュの法則 (イオン独立移動の法則) という。濃度が大きくなると Λ が小さくなる原因は,主として電解質が電離してイオンを生じる割合 (→電離度 ) が小さくなるからであり,さらにイオン間相互作用により,陽両イオンが互いに移動を妨害するからである。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

当量電気伝導率
トウリョウデンキデンドウリツ
equivalent conductance, equivalent conductivity

1種類の電解質のみを含む溶液の単位当量濃度当たりの電気伝導性を表す量.単位は S cm2.当量濃度 ce の電解質溶液の比電気伝導率をκとすると,当量電気伝導率Λは次式で与えられる.

Λ = (1000/ce

比電気伝導率は溶液の単位体積当たりの電気伝導性の大小を表すのに対し,当量電気伝導率は溶質の互いに等しい量について比較することになるので,溶質の特性を明らかにする特徴がある.当量電気伝導率は一般に濃度の減少とともに増大し,十分希薄な溶液では,ある極限値 Λ に到達する傾向を示す.この極限値を無限希釈における当量電気伝導率あるいは極限当量電気伝導率という.当量電気伝導率の濃度変化は形式的に次の三つの型に分類される.
(1)アルカリ金属のハロゲン化物で代表される強電解質類で,全濃度範囲にわたりΛの値が大きく,その濃度変化が緩やかであり,希薄溶液中では次式を満たす.

Λ = ΛAce1/2 (A:定数)

この式は,多くの測定値を基礎にF.W.G. Kohlrauschにより提出された経験式であるが,その後L. Onsager(オンサガー)によりデバイ-ヒュッケルの理論を拡張して理論的に検証された.
(2)酢酸などを代表とする弱電解質で,Λの値は濃度の増加とともに急激に減少し,弱電解質の解離度をαとすれば次式で表される.

Λ = α Λ

これはS.A. Arrhenius(アレニウス)の電離論による式にほかならない.
(3)上記二つの型の中間の性質を示すもので,硫酸ニッケルのような中間電解質とよばれるものがこれに属する.当量電気伝導率の濃度変化の原因としては,
(ⅰ)解離度の濃度による変化と,
(ⅱ)イオンの移動度の濃度による変化,
の二つが考えられ,弱電解質においてはおもに(ⅰ)の原因が,強電解質ではおもに(ⅱ)の原因が重要な役割を果たしている.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

当量電気伝導率」の用語解説はコトバンクが提供しています。

当量電気伝導率の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation