@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

当量【とうりょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

当量
とうりょう
equivalent
電気化学当量熱の仕事当量化学当量の3つがあるが,普通化学当量をさす。化学当量には元素の当量,塩基,塩の当量,酸化剤および還元剤の当量の3つがある。それぞれの物質化学反応の量的関係を記述するうえに便利な化学量である。たとえば酸の当量はその式量を酸の含む水素原子 (イオン化しうるもの) 数で割った値で,グラム単位をつけたものがグラム当量である。1 l 中に1グラム当量の酸を含む場合,その酸溶液の濃度は1規定である。この酸溶液と反応するアルカリ溶液については,中和点では酸の当量数に等しい量のアルカリ (たとえば水酸化ナトリウム) の当量数が反応に関与する。すなわち当量とは化学反応する物質同士の対応する量を表わしており,互いに反応する物質の当量数は常に等しい。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

とう‐りょう〔タウリヤウ〕【当量】
化学当量」の。また、「電気化学当量」「熱の仕事当量」の略。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

当量
 (1) 酸素の1/2グラム原子と化合する他の元素のグラム原子数を元素の当量という.(2) 酸と塩基が反応して中性塩を作る場合のそれぞれの量を酸塩基当量という.(3) 水素1原子を与えるか酸素1/2原子を取り除く還元剤の量を酸化還元当量という.(4) 標準となる物質の活性に相当する量.β-カロテン当量ナイアシン当量など.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

とうりょう【当量 equivalent】
当量には化学当量,電気化学当量の仕事当量などがあるが,ふつう単に当量といえば化学当量のことである。化学当量【佐野 瑞香】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

当量
とうりょう
equivalent

化学当量、電気化学当量、熱の仕事当量の三つがあるが、普通は化学当量をさす。

[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あて‐はか・る【当量】
〘他ラ四〙 おしはかる。推量する。〔観智院本名義抄(1241)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とう‐りょう タウリャウ【当量】
〘名〙 =かがくとうりょう(化学当量)〔物理学術語和英仏独対訳字書(1888)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

当量
トウリョウ
equivalent

化学反応における物質の量的関係にもとづいて,各元素または化合物ごとにわりあてられた一定量で,化学当量ともいう.また,化合物の物理化学的性質に加成性がある場合に,各原子および結合様式に対してわりあてられたその性質の一定量を当量ということもある(例:屈折当量).【】元素の当量:酸素8.000の重量に対して,これと化合する元素の重量を表す数.酸素の原子価は2であるから,当量はその元素の原子量を原子価で割ったものに等しい.当量の基準として,最初,J. Dalton(ドルトン)は,もっとも当量の小さい水素をとり,これを1としたが,その後,J.J. Berzelius(ベルセリウス)らは,酸素の原子量の1/2の8.000を基準とした.現在,原子量は 12C = 12.000を基準にしているから,酸素の原子量は15.9994,したがって当量は7.9997となるが,実際上8.000に等しい.【】酸および塩基の当量:酸として作用する水素の1当量を含む酸の量,およびこれを中和するだけの塩基の量.【酸化剤および還元剤の当量:還元作用にあずかる水素の1当量を含む還元剤の量,およびこれに相当する酸化剤の量.当量という用語はSI委員会によって規定(度)とともに廃止し,すべて物質量で表現するように勧告されている.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

当量」の用語解説はコトバンクが提供しています。

当量の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation