@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

形木【カタギ】

デジタル大辞泉

かた‐ぎ【形木/模】
物の形を彫った板。その模様を紙やきれに刷って染め付けるのに用いる。
版木(はんぎ)」に同じ。
手本。規範。型。
「稽古(けいこ)すべき―もなし」〈花伝・二〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かたぎ【形木】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

かた‐ぎ【形木】
〘名〙 (「かたき」とも。「型の木」の意)
① 物の形を彫りつけた板。布にすりつけて、その模様を染め出す時などに用いる。
※宇津保(970‐999頃)吹上上「赤きしらつるばみの、ぢんずりの摺草の色に糸を染めて、かたきの紋を織りつけたるみ狩の御衣」
② 文字を彫りつけた板。紙にすりつけて印刷する時に用いる。板木(はんぎ)
※吾妻鏡‐寛元二年(1244)六月四日「被写法華経百部、此形木即所彼宸筆也」
③ 手本や基準となるもの。模範。基本形。
※霊異記(810‐824)中「此の事は季の葉の楷模(カタキ)に報(つく)る可しとおもふが故に、同じ年の六月一日を以て、諸人に伝へき〈国会図書館本訓釈 楷摸 二合加太岐〉」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

形木」の用語解説はコトバンクが提供しています。

形木の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation